FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンデム・シップ矢部さんにブログ紹介していただきました。

少し前に書いた
お笑いコンビ・タンデムシップの単独ライブについての記事を、
なんとそのタンデム・シップのボケ担当・矢部たかひろさんが、
御自身のブログで紹介してくださいました。


先日の単独ライブvol.3を、お笑いライター様に絶賛していただきました

矢部さん、ありがとうございます。

そうだ、ライブの時にゲットしたタンデム・シップの過去の単独のDVD
早く見ないとっ!





ランキング参加中!
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「ピカルの定理」より「333」が好きかもです。

「ピカルの定理」は、
一応録画はしてるのですが、
見たり見なかったり。
渡辺直美ちゃんはただただ素晴らしいですが、
全体的なえげつなさがなあ。
辛口ですが、えげつなさが中途半端な感じがしてしまうので。
(てか、あの番組、他のレギュラーも直美ちゃんくらいガンバレよ)
巷で噂の「ビバリとルイ」も実はそんな好きではありません。
あれは「BL]という素材の面白さにおぼれているだけで、
ネタそのものが面白いとか、
演者が優れているとも正直、思えないので。
あ、ごめん、さらに辛口になっちゃった。
ファンの方、読んでたらごめんなさい。

それに比べて「333」はお金もかかってないし、
作りもそんなこったりひねったりはしてないですが、
その素朴でぬるい感じが結構ほっとする。
あと、あの番組を通してジャングルポケットの成長を見守っている気分で
楽しんでいます。
ジュ―シーズもパンサーも悪くはないよ。
(ジュ―シーズの赤羽くんは、ほんとかわいいよ)

でも、あの番組を見ていて、一番後輩のジャンポケが
先にテレビでメジャーになった理由はなんとなくわかってきた。
他の二組じゃなくて、なんとなくジャンポケに目がいっちゃうんですよ。
斎藤くんは、あの番組のレギュラー陣の中で、やっぱり一番華があるしね。

というわけで、「ピカルの定理」より「333」のが好きかもです。

で、「ピカル」の華は渡辺直美ちゃん、「333」の華はジャンポケの斎藤君だと思います。

んがふふ。


ランキング参加中!
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

タンデム・シップ第3回単独コントライブ『Number~ナンバー~』(後編)

$笑う乙女の生活


さて、タンデムシップ第3回単独ライブ『Number~ナンバー~』について。

ライブ…というか、今回のライブを見て、
タンデム・シップのお二人について、
どうしても書きたいなと思うところがいっぱいあり、
記事2本目に突入でございます。


(※このあと若干ライブのネタばれもあります。ご注意を)

まず、ボケの矢部さんについて。

矢部さんは、いつものびやかなでしなやかな人。

今回も、
計算高い女の子になったり、
(ちなみに矢部さんが女の子になるときのお名前は、
いつ聞いてもどツボです。あの名前耳にしただけでしばらく笑いがとまりません)

人見しりの青年だったり、
トリッキーな若者だったりと、本当にいろんな顔を見せてくれました。

また、ネタを作っているのも矢部さんだとのことですが、
コントのいくつかに
特に矢部さんが演じるところで、非常に難しいに違いないパートが
いくつかありました。
(数字を使った非常に難しいもの)
よく、これを作って、また覚えて舞台でやったなあ…と、
ただただ、感心してしまった。
矢部さんの緻密さと、ネタにかけている熱意がすごく伝わってきました。


そして、突っ込みのアキさんについて。

少し、お話さかのぼります。
私がタンデム・シップの漫才を初めて見て、
釘つけになったその瞬間の瞬間。
それは、ネタの中でアキさんが神龍(シェンロン)を
演じた瞬間でした。

ええ、シェンロン。
「ドラゴンボール」に出てくるあれね。
あれを演じてみせたアキさんの姿。

私が見たとき、似ているとかそういうことを超越して、
力いっぱい演じるアキさんは、
間違いなくシェンロンでした。

アキさんの動きから、ここにシェンロンがいるっていうのが
確かに伝わってきたし、
ああいう表現力は、練習をしてない人には絶対実現できない。
アキさんが演じる姿には、練習を重ねた人にしか出せない
パワーがありました。

そして、そのときに確信を覚えたのです。
このコンビは相当練習を重ねてきてるに違いないと。

そして、単独ライブの舞台でも、アキさんのはじけっぷりは
とてもパワフルでした。
下ネタ満載のネタでのはじけっぷりとかもそうですが、
特にラストのコントはすごかった!
今回の舞台を見た人の多くの心の中に
アキさんがパワフルに踊る姿が焼きついたことと思います。
あの姿は本当に圧巻でした!

あ、あと前のブログでも何回か書いてたんですが、
アキさんは声が素敵です。

そう、久しぶりにアキさんの素敵な声を聴けたのも
嬉しかったライブでした。

タンデム・シップのお二人のそれぞれのパワーが
舞台にあふれていて、
タンデム・シップ第3回単独コントライブ『Number~ナンバー~』を見た日は
そのパワーを受け取れたことが本当に幸せな夜でした。


コントが好きなお笑いファンの方だったら、
本当にぜひ見てほしいコンビです。タンデム・シップ。


タンデム・シップ公式サイト


改めて、タンデム・シップの矢部さん、アキさん
どうもありがとうございました。

ランキング参加中!
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

タンデム・シップ第3回単独コントライブ『Number~ナンバー~』(前編)

笑う乙女の生活


さて、11月4日(金)に行ってまいりましたライブ、
タンデム・シップ第3回単独コントライブ『Number~ナンバー~』の
感想なんぞ。

池袋でストリートライブを開催している
「笑業団体しきかけ一味」に所属するタンデム・シップは、
昨年、今はなきBABACHOPシアターで開催された
「一金笑イブ」でネタを見て、釘つけになったコンビ。

なんで、私、この人たち知らなかったんだろう…
こんな上手で面白い人たちをテレビで見てないって、
おかしいよ…ってくらい、衝撃が走りました。

それから、しきかけ一味さんの本公演を見に行ったり、
「一金笑イブ」でネタを見せていただいたりして、
さらには、しきかけ一味さんの記事を書かせていただくという
嬉しい出来事もありました。

※ちなみにそのときの記事はこちらね。

本公演とは別に、しきかけ一味のみなさんは、
それぞれの単独ライブも開催されています。
そちらへ行きたい行きたいとは常々思っていて、
なかなかスケジュールが合わなくて行けなかったのですが、
今回、タンデム・シップの第3回単独コントライブ、
ついに念願かなっていってまいりましたのです。

さあ、前置きが長くなりましたが、
ライブの感想です。

「Number」というタイトルのとおり、
コントはすべて「数」が軸になっている。



舞台では「数」を軸にした様々な物語が展開。

イラッとするキャラあり、
下ネタあり、
数を使ったシュールあり、
笑ったり、切なくなったり、
びっくりしたり。

そして、ラストにはそのコントのすべてが
ひとつの場所へ回帰していく。


「数」を軸によくここまで作ったなあ…と脱帽。


私、タンデム・シップは漫才師さんというイメージが
強かったので、単独ライブはなぜ漫才ではなくコント?と、
疑問に思っていました。

でも、第1回単独のDVD(こっちについても、そのうちここで詳しく書きた
い)と、
今回の生で見た「Number」を見て、なんとなく納得しました。

私は漫才もすごく好きですが、
お笑いにはまりはじめたときは、どっちかというとコントが好きで、
(エレキコミックやラーメンズが好きでしたから)
その分、コントに思い入れがあったりもします。
なんでかっていうと、
漫才と違って、コントにはビジュアルの広がりがあるから。

今回も「Number」という名付けられた
「世界」、そしてビジュアルが存在していました。

「数」にまつわるいくつも
おバカだったり、悲しかったりシュールだったりする物語を見て
大笑いしました。(そして、ときどきちょっと切なくなりました)

ネタを作られているのは、ボケの矢部さんとのことですが、
矢部さんが描きたかったビジュアル、世界はこれなんだなと
きっちり受けとめられた感がありました。


そして…
タンデム・シップを見て
いつもすごいと思うのが稽古と努力の跡。

どんなに優れた芸人さんでも
いつでもどこでも全力投球って、
実はすごく難しいことで、
時にはどうしても練習が足りなくて
消化仕事で終わらせてしまう舞台もあるかもしれない。

けれどね。
芸人さんたちはわかっているのだろうか。
流していたり、練習してないのがわからないほど、お客はバカじゃない。

私も大人ですから、↑のような事情で、
流すときもあるだろうなというのは、理解しないわけじゃない。
でも、そういうのを見たときから、
場合によっては、その芸人さんをちょっと信じなくなってしまいます。
「練習不足のネタを見せたり、手抜きをすることもある芸人」なんだと
思います。

ただね。
練習をきちんと積んでいる芸人さんのネタは、
練習積んでる分だけ、大きく崩れたりしないし、
練習積んだ分だけ、舞台でぶつけるパワーは大きくなる。
(私が知ってる芸人さんの中では、
その最たるはNON STYLE。
そして、パンクブーブーやU字工事もそうですね。)

タンデム・シップを初めて見たとき、
釘つけになったのも、まさにそれでした。
すごくきっちり練習してきたんだなってのが、
見ている方に直球で伝わってきました。

今回のコントライブもそうでした。

舞台に立ったタンデムシップの矢部さんとアキさんには、
稽古をたくさん重ねてきた人にしかない
輝きとはじけっぷりがありました。


二人のエネルギーを見ているこちらも
いっぱいにうけとった素敵なお笑いライブ。

タンデム・シップは
まだ決してテレビにいっぱい出てる有名な芸人さんではない。

でも、私は正直、それが不思議でしょうがない。

こんなに誠実な舞台をやっている
芸人さんたちがいるんだってこと、
私はライブの後、叫びたくてたまりませんでした。
(だから、このブログで実際にちょっと叫びました)


さて、長々と書いてきましたが、
実はまだ書き足らないので、記事は後編に続きます!

いったんここで切りますね。



ランキング参加中!
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

ひとつ年とったど~!

はい。


はい。

今年もまた1つ年をとりました。


今年はつらいことが多すぎました。

ちなみに、別に悲しくはないですけれど、
お笑いブログももともと書いていたところで
書けなくなってしまうという悲劇が起きてしまいました。


でも、私は今でも自分の幸せと
大切な人たちの幸せを願っています。

そして、ブログの場所はかわっても、
私のお笑い好きも笑ライフも続いています。

どうかどうか、これから1年は昨日までよりも、
素敵であってほしいと切に願っています。

私や私の大切な人たちが健康で幸せでありますように。

そして、日本が、そして世界が救われますように。

ブラマヨ貼ってみた。

笑う乙女の生活-111110_153801.jpg



昨日買ったブックマークシール、
さっそく手帳に貼ってみたよ。

写真、ぼやけてわかりにくいかもしれませんが、手帳の上にブラマヨがいます。

ああ、ばかばかしい。
でも、ちょっとうれしい。

ブラマヨのクリアブックマーク

ええ、本日、ヴァイオリンのレッスンがあり、
(あ、私、アマチュアですが、ヴァイオリン弾きなんですの)
帰り道、付箋が買いたくて、Loftによったんですが。

…我慢できずに買ってしまいました。

これ↓。

$笑う乙女の生活


$笑う乙女の生活


知ってますか?これ。
「stippie(スティッピー)」っていうんですって。

張ってはがせるクリアブックマーク。
手帳とかに使えます。

なぜ買ったかといえば、
それは、ブラックマヨネーズだからですよ。


私がどれだけブラマヨを好きかは、
ちょっと前の記事を読んでいただけたら、お察しつくかと思います。
(※【ブラマヨ最高】今週の「お試しかっ!」


ライセンスとかチュートリアルのやつもあったんですが、
それは、特に欲しいとは思いませんでした。

でも、このブラマヨのだけは、
素通りできなくて、どうにも気になって
買ってしまいました。

てか、こんなのがLoftにあってべっくら。
吉本TV通りじゃないよね?ここって、
目を疑ったよ。

すでにこれ、手帳の中にしまいこみました。

しかし、これどう活用するべきだろうか?

追伸
タンデム・シップ単独の記事は、まだ鋭意制作中です。
(しつこい?)


ランキング参加中!
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


先週の「もてもてナインティナイン」

先週、新番組の「もてもてナインティナイン」を、
なんとなしに見てたんですね。

見てたんですが。

ひとつ、気になってしょうがないことがありました。

後ろにいっぱいいたワケメン(わけありメン)の中に
御茶ノ水男子のしいはしジャスタウェイさんがいたような気がする…


あれ、しいはしさんだよね?

あ、御茶ノ水男子は、
ちょいと注目しているコンビです。




ランキング参加中!
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


PS タンデム・シップ単独の記事は、
鋭意制作中です。
ほんとだよ。昨日もさらに書きたしをしました。
ただ…記事が1本で終わる自信なくなってきたよ。
どないしょう。

今週のオンバト+

結構な猛者が出演の回だったので、
どうなるかなあ…と思ってたんですが。

1位を持っていったのは、
安定感のあるザ・ゴールデンゴールデン。

もうネ…あれは、鉄板だもんね。
北沢さんは存在そのものがリーサルウェポンといっても
過言ではない。

しかも、女装だよ!

あれを見て、笑わないでいられる人の方が
むしろ少ないんじゃなかろうか。

そして…個人的には、ニッケルバックがすごくよかった!
メガネしてる方のお兄さんのセリフが
すごく聴きとりやすくて、
じっくりと聴き入ってしまいました。


やっぱり、滑舌って大事だわ。
滑舌いいだけで、ネタが3倍くらい面白くなるといっても
過言ではない。

今回、トミドコロやAMEMIYAさんも期待してたんですが、
オンエアかなわず。

トミドコロさん、最近すごい好きです。
R-1決勝のファイナリスト候補だと
勝手に思っているくらいです。
この人の情熱的にネタしてるとこ、すごく素敵だと思う。

そして…
オンエアはならなかったけれど、
何度かライブで見たり、
昨年取材した「漫才新人大賞」決勝にもでていた
男女コンビ・八福亭が、テレビで見られたのが嬉しかった!

少しレトロの難波の街のにぎわいを感じさせるこのコンビ。
実力は確かです!
オンエアされてほしかったなあ。

さて、ゴルゴルは今年もチャンピオン大会で見られるかな?




PS タンデム・シップ単独の記事は、
鋭意制作中です。
ほんとだよ、もうすでに結構書いたのを、
下書きに入れてあるんだからね。
もう少し待っててね。



ランキング参加中!
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

お笑いライブ終了!

笑う乙女の生活-111104_190247.jpg



ライブ終わって帰り道です。


素晴らしいライブでした!


詳しくは、また改めて書くけど、
とりあえず我慢できないからいうよ!

このコンビは、すごいよ!

このコンビがキングオブコントの決勝いってないのは、もはや不思議だよ!

ほんとに素晴らしかったです。

タンデム・シップの矢部さん、アキさん。

素敵な夜をありがとうございました。

ショーン・レノンさんを見ておもったこと

今日、「黄金伝説」を見ていたら、
合間のCMでジョン・レノンの息子さんの
ショーン・レノンさんが出てました。
(はい、某自動車のCMね)

で、ショーンさんを見てて、
ふと思ってしまいました。


この人、ピースの又吉さんと
一緒に並んでたってくれないかな~


と。


続けて見ていたら、
同じCMが流れたので、
また、ふと思ってしまいました。

又吉さんじゃなかったら、二丁拳銃の小堀さんと
並んでくれないかな~
と。


わかる人には、私の気持ちわかっていただけると思います。


思うのは自由だもんね。


ランキング参加中!
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






【ブラマヨ最高】今週の「お試しかっ!」

先週の「ブラマヨと愉快な仲間たち」を見ていたら、
嬉しくてたまらない番宣がありました。


今度の帰れま10にブラックマヨネーズが出る~~!
ヘ(゚∀゚*)ノ"


私同様にブラマヨ大好きな母ともども、
手をあげて大喜びしました。

そして、今日です。

一応録画もしたけど、
どうしても見たかったので、
根性で仕事を終わらせ、
7時にはテレビの前にスタンばりましたよ。

そして…笑った笑った。


「帰れま10」はだいたいいつもほんと面白いのですが、
やっぱり、ブラマヨは格別。

このふたりの行動も言葉も、
本当に失礼でアホでレベルが低くて、
そして、お笑い芸人としては超一流。

失礼でアホでレベルの低いところの
度合いがもう、他の人たちと全然違う。

トリンドルちゃんに、
まあ、恐ろしい罰を突き付ける吉田さんや
こっそり注文でわけわからん注文をする小杉さん

久々に
チンパンジー注文
(じっくりやってくれたね~、あれはていねいに保存して何度も見たいですわ)
こっそり注文
ドデカ注文。

が見れたのも嬉しかった。

よし、ブログを移転してここで書くのは、初めてですが、
これを書けて嬉しい。↓


ブラマヨ最高!
もう、私、ほんとブラマヨに関しては、
好きすぎてやばいかもです。


ああ、ブラマヨはなんて素晴らしいんだろう。


ランキング参加中!
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


プロフィール

ai@フリーライター

Author:ai@フリーライター
お笑い好きのフリーライターです。たまにお笑い関係のお仕事もします。ここでは、お笑いについて趣味まる出しで好き勝手に綴ります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中です

アクセスありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。