FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年を振り返る【お笑い】

今年最後。

このブログに何を書こうかなあ…と迷いましたが、
とりあえず、シンプルに今年の私の笑ライフを振り返ってみましょう。


【お笑いライブ】

*浅草演芸祭
ピースの漫才をきちんと生で見れた。
(ピースを見たのは2回目だけど)
NONSTYLEは、さすがだった。
笑福亭 仁鶴師匠の毒舌は、まるで心地よく息を吸うように心に響いた。

*一金笑イブ。
今年の夏、残念ながら閉鎖になってしまった
BABACHOPシアターの「一金笑イブ」最終回。
以前、ライターとして取材をさせていただいたこともあり、
私にとっては、思い入れのあるライブで
終わってしまうのが残念でしょうがなかったですが、
ばいそんさん、印度の林檎さん、タンデム・シップさん、
トミウラタカユ機さんなど、このシアターで出会った
素敵な芸人さんたちが総出演されてて、ライブは最高でした。
主催の女芸人・ちぇんちぇんさんもかわいかった。


*週末よしもと
スリムクラブと渡辺直美ちゃん目当てで
急遽見に行ったよしもとのライブ。
スリムクラブは、内間さんが舞台で固まるという
まさかのハプニングはあれど、あの独特のテンポを
しかとこの目で見た。
そして、広い舞台の上をたったひとりで
踊りまくる渡辺直美ちゃんがなんと素敵だったこと。

そして、このライブでまたしても、
NONSTYLEの漫才に大笑いした。
彼らはホントにいつもはずれない。
なぜなら、すごく練習を重ねているから。
誰が見たって、それがわかるすごい漫才だったよ。
NONSTYLE、10年後も見ていたい漫才師だと確信しました。


*キャプテン渡辺初単独ライブ「大回転」
R-1でひとめぼれしたキャプテン渡辺の単独ライブ。
精悍な芸人さんの歯切れのよいクズ人間漫談。
かっこよくて、気持ちがよくて、そして笑った。
キャプテン渡辺を生で見たって、
本当はもっといろんな人に自慢したいんだけどなあ。

*タンデム・シップ第3回単独コントライブ『Number~ナンバー~』
念願のタンデム・シップの単独ライブです。
今年見た中で、一番濃厚なライブでしたね。
単独ライブというならば、
これくらいにその芸人さんたちのやりたいことを
濃厚に思い切り詰め込んでこそでしょってライブでした。
きちんと積み重ねたものをきっちり見せてくれる
芸人さんの舞台は本当に気持ちがいいです。

【お笑い番組】
レッドカーペットが終わり、「あらびき団」までもが
終わってしまうという悲劇が起こった今年。
「オンバト+」を別にすれば、
私が毎週もっぱら楽しみにしていたのは
「アメト――ク」と「ブラマヨと愉快な仲間たち」でした。
この2番組はトークが毎回濃厚で
本当に楽しかった。

そして、年末にお笑い界を救うかのように楽しかったのが
「THE MANZAI」の決勝でした。
たくさんの素晴らしい漫才に大笑いして楽しかった。
この番組を通してお笑いのスピリットはまだ生きてるんだということを
漫才師さんたちに教えられました。
ちなみにこの番組を見て、生で見ないと!と思ったのは、
テンダラ―と千鳥。


【その他】
今年、上に書いてきたこととは別に、
私自身に大きな事件がありました。
それは、ブログを移転したこと。

もともとお笑いブログは
別のところで3~4年近く続けていたのですが、
諸事情で移転せざるを得なくなりました、
最初は、メインブログと同じアメブロで
心機一転はじめたのですが、
アメブロのアカウント2つを使い分けるというのが
私にはどうにも面倒で、
ブログを複数持つなら、全く別のとこにした方が
いいということで、かつて使っていた
このFC2に帰ってきました。


そして、以前のブログ「笑う乙女の生活」から、
名前も今の物に変えました。
これで、本当に心機一転できたのか、
アメブロのときよりも、更新が楽にできるようになりました。

これから先、どうなるかわからない私の笑ライフ。

でも、まだブログをやめる気はありません。

なので、読んでくださる方は、
来年も私の冒険におつきあいいただけたら嬉しいです。

2012年もよい笑ライフを!


とりあえず、来年の目標はまずテンダラーを生で見ることです。


ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「アメト――ク」SP

年末の「アメト――ク」SP、めちゃくちゃ楽しかったです。

たんぽぽは、今年ほんとにブレイクしましたね。
特に川村さんは、個人的には、
ポスト大久保佳代子さんの片鱗を感じました。
大人しそうでかわいらしい子なのに、
真顔でとんでもない爆弾をほってくるところが、
まさに大久保さんのごとし。

「中学の時行けてない…」
少年少女の坂口さんが出ていたのがうれしかった。
ただ、坂口さん、あまりしゃべってないなあってのが
気になったんですが、
この括りの回は、きちんともっと長いの放送してくれるみたいですね。
よかったよかった。

「運動神経悪い芸人」は、
ただただ笑って顔の筋肉が疲れました。

ヒザ神は。。まあ、いいや。
この括り芸人を盛り上げているのは、
サバンナの高橋さんとナイツ・塙さんな気がします。
括りの中で芸人としての仕事をきちんとしてきている。
ふたりのうさんくささが大好きです。

そして、最後のアメト――ク大賞については、
最終的にやはりこの人が持っていった。
エガちゃん。

今年の最後に江頭さんをテレビで見られてよかったです。

江頭さんが今年、してくれたこと、忘れないよ。

今年1年「アメト――ク」には、
本当に楽しませていただきました。

おかげさまで、我が家はDVDも着実に増えてまして、
見るものがない時は、
アメト――クのDVDを見るという有様です。

「中学の時イケてないグループに属していた芸人」は、
何度見ても傑作だと思います。

ありがとう「アメト―ク」
来年もよろしくお願いいたします。




ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

「ウレロ☆未確認少女」終了

さきほど、最終回まで見ました!「ウレロ☆未確認少女」

最終回はまさかの超大物ゲストがいらっしゃいましたね。

しかし、最後まで楽しい番組でした。

出演者がみんなひと癖ありつつ
したたかな曲者ばかりで、
きっちりプロとしての仕事をしてくれてたので、
見てて気持ちがよかった。

なかでも、素晴らしかったのはバカリズム

性格がねじまがってるくせに、
人見知りでかわいいとこのあるプロデューサーを
生き生きと演じてくれてましたね。

バカリズムのはじけっぷりが何より楽しかったです。

しかし…
ぜひとも2ndシーズンを望みます。


東京03がテレビに出てほしいし、
そして、東京03がテレビに出るなら
こういう出方をしていてほしい。
そんな番組なので。


ああ、そして早見あかりちゃんはかわいかったなあ。


ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

今週の「ブラマヨと愉快な仲間たち」

ええ、私、少し前から何度も熱望して叫んでいました。

「ブラマヨと愉快な仲間たち」のゲストにぜひオアシズを!と。

ブラマヨの吉田さんとオアシズの大久保さん。

たぶん、今のお笑い界で最も勢いのある男女です。

あと、このふたり、不思議と芸風が似ているところがある。

絶対センターに褒め称えられる場所にはたたず、
その場で一番のヒ―ルに徹する。
底知れない芸人根性を感じさせるふたりです。

このふたりがぶつかったらどうなるだろうか
ぜひ見たかったんです。

そんな私の叫びが誰かに通じたかどうかは知りませんが、
今週のゲストはついにオアシズ!

爆弾の投げ合いになるのか、
変化球の出し合いになるのか。
とにかく楽しみに見ました。

しかし・・
この番組はいつもは短いところが好きなのですが、
今回に限っては尺が短いなと思った。
オアシズのふたりの凄味が存分には出ていなかった気がします。
もっと、大久保さんに爆弾投げてほしかったわ。

できたら、今度はもっと長い尺で
がっつりブラマヨとオアシズに語りあってもらいたいわ。

とどのつまりは大久保さんにもっと爆弾をほってもらいたんだけどね。

と、もどかしく思ったら、次回告知に興奮。
来年一発目は、毒舌キングのお出ましらしい。
来年もこの番組は録画し続けないといかんねえ。



ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

「人志松本のすべらない話」見終えた

「すべらない話」がっつり見てました。

実のとこ、前回が、個人的にはあまり楽しめなかったんですが、
今回は、それを払拭してくれるかのように楽しかった!


※この先、ネタばれしてますので、まだ見てない人は注意してくださいませ。


MVSの小藪さん。

MVSとった話以外の2つの話のが、
私は好きだったんですが、
彼のMVSは文句なし。

小藪さんは、本当に話術が巧みです。

話していることをちゃんと聞いていると、
けっこうなんてことない話なんですよね。

最初の話だって、
あれ、つまりは「HGがそば食べてつまらせた」ってだけなんですよ。
それを、
「天然の人が嫌い」
みたいな舞台セットを作り上げて、
「いや、そばやん・・・」
みたいな飛び道具をほってきて、
話を面白くしていく。

この番組に出ているときの小藪さんは、いつでもそうですね。
ただ、面白い話をしているんじゃない。
面白い話を自ら「仕込んで」きている。

「すべらない話」は、出演者が多彩になってきていますが、

*ただ、面白い話をする
*話を面白く仕込んでくる


のどちらかに結構大きくわかれている気がします。

そして、下の「話を面白く仕込む」ことができる人が、
やはり、レギュラーの座を確立してきている気がします。

やっぱ、芸人は、なんでもないことを面白くしてこそ、
芸人でしょう。

昔からのレギュラー陣はもちろんなんですが、
最近、見ていると、
特に小藪さんと兵動さんは、この「仕込み」方がさすがだなあと
唸るばかり。

宮川大輔さん、大好きなんですが、
短い話で大笑いしました。
しょーもない話だが。
今後、お姉さんにかわって、
お母さんの話がいっぱい出てくるのかしら?

そして、私個人のミスターすべらない話は、やはりこの人です!
千原ジュニア。

実のとこ、前回のMVSの話はそんな面白いか?と個人的には思ってしまっていたのですが、
今回のジュニアはやってくれました。
ジュニアの声と語り口調も素敵。
足の話とか、お尻の話、笑わずにはいられませんでした。


次回も楽しみです。
私がずっと出てほしいと思っている、
モンスターエンジンの西森さんはいつ出ることになるかしら。


そしてさ。
いつ見ても、あのサポーターとやらは、果たして必要なんだろうか?と
首をかしげます。


ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

ブラマヨと愉快な仲間たちが来たよ




携帯投稿実験。


昨日、我が家にお写真のDVDが届きました。

前から、私のブログ見てくださっている方にはおなじみですが、ブラックマヨネーズ大好きです。

好きすぎてやばいくらいです。

ひいはあ、どうかしてるぜ。

「面白い恋人」が家に来た

大阪に行っていた父が、お土産を買ってきてくれました。

しかも、私がとても欲しがっていたブツを!

じゃじゃん。

s-PC190001.jpg

面白い恋人!

はい、今話題の「面白い恋人」です。

私は、正直なとこ、このネーミングを聞いたとき、
えらく感心しました。
うまいネーミングだなあと。

以前、大阪に行ったとき、目にしたことがあるんですが、
そのときはネーミングを見ただけでさ。

最近、話題になっているのを見ていて、
もしかしたら、この先買えなくなっちゃうのかなあ、
だったら、買っておけばよかったなあって、
思ってたんですね。

そしたら、
私が最近「面白い恋人」騒動について、
ひとしきり騒いでいたのを、
うちの父は覚えていたらしく、
大阪から持ち帰ってきてくれたのです。
めずらしくえらい!うちの父。

知ってました?
「面白い恋人」は、ゴーフルなんです。

はこをあけたら、こんな感じ。

s-PC190004.jpg

とりあえず、今日1枚いただいたんだけど…
これ、とてもおいしいです。

かたすぎないさくさくしたゴーフル。
中にはバニラの香りがするクリームが入ってて、
ゴーフルの中では、かなりおいしい部類に入ると思われます。

マイミクさんが、「面白い恋人」は、
お菓子としてもおいしいって教えてくれたんですが、
ほんと、そうでしたね。

ついこないだ私、「ゴルシア」ってゴーフル、
家の近所で買ったんですが、
ゴルシアは、もっと固かったもんなあ。

このネーミングでこのおいしらの「面白い恋人」
もし、なくなってしまったら、寂しいなあ。





ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

THE MANZAIの話まだ。

おはようござます。

まだ、ひっぱるかって感じもするけど、
「THE MANZAI」について。

前の感想で「M-1より面白かった」と
書きました。

それは今も感じてます。

M-1は面白かったんだけど、
決勝で本当に面白いコンビって、
数組だったりしたんですね。
(で、その中から優勝が決まる)

でもって、決勝に上がることは
とてもすごいことなのに、
決勝で評価が低かったり最下位になった漫才師さんは、
なぜか、日本で一番つまらないみたいな
見られ方をするようになってましたよね。

THE MANZAIは、
最終決戦に行った人たち以外にも、
輝いていた人たちがいっぱいいた。
M-1では考えられないほどに、
「あら、この人も面白い、このコンビも面白い、なんなんだ!」って
見てて狂喜乱舞したくなるくらいでした。

舞台にたつ芸人さんのほとんどが輝いていたんです。

さて、個人的には、決勝出た中で、
一番気になっているコンビはテンダラーです。
私の好きな「かっこいい大人の男の漫才師」の
感じがあったからかな。

来年はテンダラーをどっかで見たいです。



PS
さっきネットを見て、気がついた。
磁石、「総書記系男子」って漫才で言ってたよね。
去年のスリムクラブに続いて、なんなんだ、これ。


ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

THE MANZAI2011感想(終)

「THE MANZAI2011」の感想記事、これで最後になります。

まずは、最終決戦の感想から。



最終決戦の4組。
Hi-Hi、ナイツ、パンクブーブー、千鳥。
順当な結果だと思いました。

そして、最終決戦、どの組も素晴らしかったです。

*Hi-Hi、1回目のときと変わらない勢いのよさで楽しかった!
「放り込んでこい!」はもはや神がかっていたといっていい!
かっこよかったよ!

*個人的には最終決戦の圧巻はナイツでした。
きわどくもありましたが、よくぞやらかしやがったなと拍手したよ。
基礎がきちんと培われていて、技は熟練へと向かっている。
しかも、一見はずれなしの漫才師とみせかけて、
その実、かなりきわどかったり、毒があったり。
どんどんすごい漫才師になっていくなあ、ナイツは。

*パンクブーブーは、1回目とネタのタイプを変えてきましたね。
でも、やっぱりこのコンビには、この丁々発止がよく似合う。
アホらしくもスピード感のある二人のケンカが素敵でした。

*逆に1回目と同じパターンのネタで攻めてきた千鳥。
同じパターンで行くなら、もうひとつ別のひねりとか広がりが
欲しかったかも。

そして、優勝はパンクブーブー。
おめでとうございます!

とも思うのだが。

個人的には、本当に僅差なんだけど、ナイツかなって気がしました。

パンクブーブーもすごくよかったから、
優勝に異議ありとまではいかないんだけど。
でも、より笑って、よりすごみを感じたのはナイツでした。


てか、決勝4組はみんなほんとによかった。
最後に4組が出てきたとき、
なんか少しもらい泣きしてしまった。
よくここまで、戦って楽しませてくれたなあって。

さて、ここからは、最後の感想です。

どんな大会になるかまったくわからなかったのですが、
ふたを開けてみたら、めちゃくちゃ楽しくて面白い番組でした。

次から次に芸人さんたちが面白い漫才を繰り広げて、
笑いっぱなしでした。

M-1が終わって、お笑いブーム終焉?みたいな言葉も耳にしましたが、
そんなことなかったんだ。

だって、こんなに素晴らしい漫才師がいっぱいいるじゃないか。
お笑いのスピリットはまだまだ生きてる。
まだまだ、終焉なんかじゃない。


この大会で、それを確信しました。

悲しいことが多すぎた今年。

でも、年末にこんなに楽しくて面白い番組があって、
よかった。

「THE MANZAI」に出たすべての芸人さんたち、お疲れさまでした。

芸人さんたちのおかげで、お笑いの未来が明るくなると実感できました。

ありがとう。



ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

THE MANZAI2011感想(2)

「THE MANZAI2011」感想の続きです。

Cグループ・Dグループ+ワイルドカードについて。

【Cグループ】
*学天即は、ちょっとよくわからなかったなあ。
歴史キャラの話をこねくりすぎた感じがあり。
笑うタイミングがつかめませんでした。

*博多華丸・大吉は、ベテランらしい漫才。うまかったし、大人の熟練した感じもあって、さすがでした。
ただ、フレッシュさというのが、どうにも…(苦笑)。
あ、でもくだらないことですが、決勝進出者の中で男性としては大吉さんが一番タイプです。
(ほんとにどうでもいい話だよね)

*アルコ&ピースは、シュールなのはいいんだけど、
「どうだ、シュールだろ。」みたいな感じがどうも見え隠れしてしまう。
しかも歌ネタでそれをやるのは、一歩間違うとほんとに鼻につくので危険です。
「俺達芸人なのに音楽的だろう」みたいな。
一風変わったネタが多いコンビで、その意欲は立派だと思うんだけど。

*パンクブーブーは、さすが実力者。やっぱり面白かった。
前回のM-1の時よりも何倍も面白い漫才でした!
あれから、また努力したんだってのがよくわかった。
その姿勢こそがこのコンビのとても素晴らしいことなのです。


【Dグループ】
*エル・シャラカ―ニは前から見てみたかったんです。
勢いもあってバカで楽しかった。
ただ、滑舌がちょっと気になった。
突っ込みの彼の言葉がちょい聞きとりにくくて。
でも、これから先が楽しみなコンビにまた出会えました。

*千鳥は今まで見た中で一番素晴らしかった!
言葉使いの巧みさと、渋さ、うまみは断トツでしたね。
千鳥の漫才は今回の大会の漫才の中で特にクオリティの高い漫才のひとつだと思います。

*ウーマンラッシュアワーは、もはや定番?のバイトリーダーネタ。
ただ、どうにもセリフが早口で多くて聞きとりづらい。
このスピード感が売りなのかもしれんが、ちょっと私はついていきにくい。

*ワイルドカードが銀シャリでよかったなと思いました。
とにかく漫才に対して誠実な感じがするところが好き。
ただ、よくも悪くも真面目すぎて、小さくまとまってしまっている気がする。
突っ込みの彼もすごくがんばってるんだけど、
まくしたてる感じがちょっと見てて、こちらも急がされてしまう感じ。
ただ、まだまだこれからの人たちだと思うので、また決勝で見たいです。



以上、各グループについての感想はここまで。
最初、できると思わなかったんだけど、
すべての組について、書いてしまいました。
これは、本当に楽しかったからだなあ。まさに。

さて、最終決戦については次の記事で。

THE MANZAI2011感想(1)

はい、1日遅れですが、「THE MANZAI2011」決勝見ました。

まず、一言。

素晴らしかった!

どうなるのか、全然わからない大会だったけど、
何、この面白さ?ってくらい、めっちゃ楽しかった。

ああ、もう比較してしまうけどいうよ。
面白さは申し訳ないが、M-1以上。
M-1には、なんでこれほどの楽しさがなかったのか、
今さら不思議でしょうがないよ。


素晴らしい芸人さんたち。面白い漫才の連続で本当に面白くて、
いっぱい笑いました。

さて、どんな風に書こうかと迷いましたが、
全部の組について詳細に書くのは、ちょいと労力的に厳しいので、
各ブロックごとに感想を書いてみたいと思います。

【Aグループ】
*トップバッターの囲碁将棋。ちょっと小さくまとまってしまったかな。
あと、少しネタの練り方が足りないかも。
「チャゲ」のボケを理解するのにちょっと時間かかっちゃった。
期待してたコンビなだけに残念。

*チキチキジョニー、今回唯一の女性漫才師さん。でも、すごくよかった!好きになっちゃいました。
特にボケのメガネの方は、くわばたりえさんの片鱗を感じるキャラと、有吉さんの片鱗を感じさせる毒舌がよかったです。
女芸人の新たなスター誕生の予感を感じました。彼女たち、これから露出増えてほしいね。

*今回、やはりナイツは優勝候補の一角でしたね。
漫才のクオリティがますます素晴らしい。
塙さんに目がいきがちなナイツですが、「じゃない方」の土屋さんの突っ込みも秀逸。
大きい声ではない優しい突っ込みだけど、土屋さんのセリフが聞きとりづらかったことって、一度もない。
こういうきちんとした芸を培っているところがナイツの強みです。

*そして、今回、もうひとつ期待のコンビだった磁石も素晴らしかった。
やはり実力者・磁石は健在。
永沢さんのボケも佐々木さんの突っ込みも、
いつも以上の切れ味で気持ちよかったです。
うらむはナイツと同じブロックに入ってしまったことですね。
ああ、でも磁石売れてほしい!
うちの母と言ってたんですが、実力はあるのだから、あとはキャラがきちんとつけば、磁石は売れる気がします。
ぜひ、磁石に「アメトーーク」とかに出てもらって、キャラをより掘り下げてほしいです。


【Bグループ】
このブロックはデッドヒートでしたね。ほんとにせってて、どこがあがってもおかしくなかった。

*Hi-Hi、実は今までそんな好きじゃなかったんですが、今日は素晴らしかった!
キャラのはじけっぷり、勢いのよさ、何もかもが気持ちよかった!

*テンダラ―は、初めてきちんと見たんですが、この人たちこんなに面白いのになんで、もっと他で見る機会なかったのかしら。
すんげーおもろかった。
あの「必殺仕事人」の動き、忘れません。
ふたりとも大人のかっこよさを感じるし、これから売れるといいですね。

*スリムクラブは、今年もやらかしてくれました。
最初の「宗教」のくだりから、大笑いしました。
そして、独特のあのテンポとよくわかんないけど広い世界観のシュールなボケ。
真栄田さんの強烈さは健在でした。
スリムクラブやっぱおもろい。

*私が今回一押ししていたハマカーン。とりあえず、「下衆の極み」「鬼畜の所業」を聴けただけで嬉しかった。ただ、もうひとつ。もうひとつあれば、さらに上に行けたかも。

どこが上に上がるかほんとに最後までわからなかった。一番票が低かったハマカーンもすごくよかった。今回一番の見どころはこのブロックでしたね。

さて、長くなりそうなので、ここで切って続きは次の記事に書きます。

ただね。
これなら、一応すべてのコンビについて書ける…かも?

THE MANZAIは・・・

おはようござます。

昨日の「THE MANZAI」決勝。

ワタクシ、まだ見ておりません。


優勝者が誰なのかは、もちろん知ってます。
ニュースで見たので。

ただね。

昨日、夜の帰り道でtwitterを見ていたら、
タイムラインを見る限り、

相当面白かったらしいですね。

リアルタイムで見れなかったことが残念ですが、
これから、超楽しみに録画を見て、
また、感想をこちらにかけたらと思います。

楽しみだぜ。

 ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

THE MANZAI決勝ですね。

おはようござます。

さて、今日はTHE MANZAI決勝ですなあ。

初めての大会で勝手が見えないだけに、
まだ、どう盛り上がってよいかわからんわ。

しかも…私、本日リアルタイムで決勝見られないのです。

なので、あとでじっくり見たいと思います。

さっき公式サイト見てきたんですが、
一般審査員を入れるんですね。
これは、吉と出るか凶と出るか。
(M-1の第一回のように一般審査員を入れた結果、ひどいことになったケースもあったしね)

あ、応援しているのは、変わらず

ハマカーン
磁石
囲碁将棋

そして、ナイツ

です。

パンクブーブーとか、好きな芸人さんだけど、
できたら、M-1で光を浴び損ねた人たちに
輝いてほしいです!

でも、出場される芸人さんたちすべての
健闘も祈っています。

楽しませてください!
真剣に戦ってください!

がんばれ、芸人さんたち!

タンデム・シップのラジオより~

タンデム・シップのYouTube上でのラジオ番組
「タンデム・シップのいつかはオールナイトニッポン」が、
楽しいです。

毎週、とても楽しく聞いています。

毎週火曜日にアップされているこの番組、
さっそく最新版を今日聞きました。

ここから先、ラジオのネタばれをしていますので、
ネタばれが嫌な方はくれぐれもお気をつけください




今日、タンデム・シップのお二人がト―クで語っていた中で
どうにも気になってしょうがなかったキーワード。
それは、門出ピーチクパーチク


芸人コンビのお名前なんですが、
なんて素敵なお名前でしょう、門出ピーチクパーチク


突き抜けた感あって、たまらない響きです。
門出ピーチクパーチク

というわけで、どうにもこの門出ピーチクパーチクが気になって
しょうがなくなったワタクシですが。

でもって、↓の動画を見て、ますます門出ピーチクパーチクが
好きになってしまいました。


別動画で漫才も見ました。
大学生芸人さんということですが、
とても上手でしたよ~

みなさん、門出ピーチクパーチク、要チェックです。

あ、そして、こんな有効な情報も教えてくれる
タンデム・シップのラジオ「いつかはオールナイトニッポン」は、
タンデム・シップのオフィシャルサイトで聞けます。
ラジオ、とってもおもろいです!

おかげさまで、今日の私の頭のキーワードは
ひたすら「門出ピーチクパーチク」でしたとさ。


ランキング参加中!
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

「THE MANZAI」決勝出場者発表

おはようござます。

うかつでした。
もうそんな時期でしたね、

「THE MANZAI」の決勝進出者決まりましたですね。

アルコ&ピース
囲碁将棋
ウーマンラッシュアワー
エルシャラカーニ
学天即
磁石
スリムクラブ
チキチキジョニー
千鳥
テンダラー
ナイツ
Hi-Hi
博多華丸・大吉
ハマカーン
パンクブーブー


よっしゃ!

ええ、前のブログを見ていてくれた方なら
覚えていてくださるかもしれませんが、
私が応援していたのは、ハマカーンです。
よかった、とりあえず決勝までは行ってくれたよ。

そして、磁石。
M-1決勝になぜいけなかったのか
いまだにわからない磁石が、
こちらの大会でついに来てくれましたよ。

そして、囲碁将棋。
去年の敗者復活見てて、
この人たち行けるかなって感じたんだけど、
行けなかったからねえ。
できなかった人たちです。

よかったよかった。

とりあえず、期待はこの3組。
M-1決勝の正門突破を惜しくも
できなかった人たちです。

ただね。

私、決勝リアルタイムで見られない可能性があるのね。

どないしょう。


ランキング参加中!
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

プロフィール

ai@フリーライター

Author:ai@フリーライター
お笑い好きのフリーライターです。たまにお笑い関係のお仕事もします。ここでは、お笑いについて趣味まる出しで好き勝手に綴ります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中です

アクセスありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。