FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イロモネア」感想その後

ちゃんと、最後まで見ました。

それでも、やっぱりウドちゃんとずんの飯尾さんが
一番すばらしかったと、今も思います。

あとはね。

ハリセンボン、この番組に出始めのころは、
どちらかというとはるかちゃんがエースだったと思うんだけど、
今回は春菜ちゃんが次々鉄板ネタを披露していた。
ここ数年で、ここまでのものを積み重ねてきた
春菜ちゃん、素晴らしいなあ。


まだまだ、成長も修行もするべきだと思うけど、
はんにゃ・金田くんは、やっぱり逸材。
あのしなやかな動きは、唯一無二の彼の才能。
彼の進化をまだまだ見守りたい。


「レッドシアター」に出ていた人たちで、
一番今も活躍しているのは、
なにげにロッチじゃなかろうか?
彼らのシュールだけど素朴な世界観は本当に好きだなあ。

とりあえず、いいなと思った感想は、
これくらいにしときます。

正直・・お客さんを舐めるな!って
思った組も数組いました。

こういうのをやれば、お客は笑うだろう、
どうだ、面白いだろう、自分たちは、他と違うだろう、
みたいな勘違いをされてるんじゃないかと
いう感じがした方もいました。
でも、そういう勘違いは、お客さんは見抜くし、
そういう態度が見えると、笑えなくなります。

「イロモネア」は、結構そういうのも
見えてしまうんですよね。
芸人さんたちが、何をどれだけ積み重ねているかとか、
笑いに対する姿勢も
垣間見えてしまうというか。

半年に一度、こういう番組があるのはいいですなあ。

ああ、しかし。

ミスター・イロモネアこと、
バナナマンが出ていないのは、さびしかったよ。

「イロモネア」は、
半年に一度、「子供のころの貴乃花」が
見れる番組でもあるのに。

ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

「イロモネア」感想 ずんの飯尾さん

「イロモネア」好きです。

この番組は、芸人さんたちの資質みたいなのが、
すごく浮き彫りになる。

いつも、面白い面白いって言われてる人が、
実は小手先で笑わせてるだけだった・・・
みたいなところまで、わかってしまったりする。

さて、今回のSP。
仕事忙しくて、まだ実は途中までしか見ていないんですが、
とりあえず、見たとこまでの感想で。

一番、素晴らしかったのは、
ウド鈴木さんとずんの飯尾さん。


いぶし銀とはまさにこういうこと。
年を重ねて努力してきたことが
きちんと技になって表現されていた。

失礼ながら、他の若手さんは、
ここまで熟練したものはなかった。
キャリアが違うからといえば、そうなんだけどね。
だからこそ、若手のみなさんは、
すぐに自分が面白いとか満足しちゃいかんと思ったよ。

飯尾さん、あそこまできちんと腕を育てているのは、
素晴らしいです。

わたし、確信したね。

飯尾さん、いつか絶対売れる!


ちょうど、今週の「アメトーーク」で、
有吉さんが言ってたからさ。
「面白い人はいつか絶対売れる」って。
だから、飯尾さん、いつか絶対売れる。

もしかしてもしかするとの話。
関根勤さんほど、大物になるのは難しいかもしれないけれど、
でも、関根さんの流れを継ぐのは、飯尾さんかもしれない。
と、すらちょいと思いました。


さて、全部見た後の感想、はたして書けるだろうか。


ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

今年、あると思います

今年、あるんじゃないかなと思うこと

*千鳥の黄金伝説挑戦。
最近の感じだと、たぶん、一度くらいはありでしょう、きっと。
ゴールデンのファミリー枠にはまるかは、
非常に微妙なとこにいる千鳥なので、
U字工事やオードリーみたく、コンスタントに
出るのは、むずかしそうな気はするのだが。
ただ、大悟さんは、節約バトル向きのキャラな気はする。
故郷の名物料理とかさ。
とにかく、一度は、見てみたい。

*博多華丸・大吉の「すべらない話」出演
私の記憶が間違っていなければ、
博多華丸・大吉、意外なことに
この番組、まだ出ていないんですよね。
でも、ぼちぼちありなんじゃないでしょうか。
特に大吉先生は、「アメトーーク」で、
「すべらんな~」を実践していらっしゃるし。
まあ、これもどっちかというと、可能性高いのは、やっぱ千鳥かねえ。

*スギちゃんのアメトーーク出演
R-1の雨上がり決死隊との絡みを見たら、
そりゃ、期待しますよ。
なんの括りかはわからないけど。
ワイルド芸人?
あ、それだったら、千鳥の大悟さんもはまるかなあ。


*スギちゃんのいいともレギュラー入り。

これは、ちょっと大胆予想。
トークがまだ未知数というのは、否めない。
でも、スギちゃん、お茶の間の人に
すごく好かれそうなキャラだと思うので、
まったくなくはないかと。
あ、でもこれは千鳥も可能性なくはないか。

はい、以上、まあ、勝手な予想です。

あると思いますとは、
タイトルでいってるけど、
ないかもしれません。

ただ、書いてみてわかったシビアな予想は、
今年は、千鳥を今までよりテレビで見かけそうだなということです。

ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


笑業団体しきかけ一味本公演『敷き布団とかけうどん vol.8』(終)

RIMG0111.jpg



笑業団体しきかけ一味本公演笑業団体しきかけ一味本公演『敷き布団とかけうどん vol.8』
については、これが最後の記事です。

公演のラストの演目は、大喜利でした。

しきかけ一味さんのストリートライブでおなじみの大喜利。

なんだけどね。

ここで、あえて、以前「すべらない話」で勝俣 州和さんが
MVSをとった話を引用したい。
ちょっとうろ覚えなところもあるので、そこはご容赦ください。

新人だった勝俣さんにあの萩本欽一さんが教えた笑いの法則。


ふる→ボケる→突っ込むの流れで笑いが起きる。
そしてお客さんが笑っているうちは、それをやめてはいけない。
ボケはボケ続ける。突っ込みは突っ込み続ける。
そうすると、いつか、笑いのビッグウェーブが起きる。


このしきかけ一味の本公演で、
もしかしたら、このビッグウエーブを見たかもしれない。


タンデム・シップのアキさんが仕切り役をつとめ、
他の御三方が、お題にそって答えを披露する。

印度の林檎さん、トミウラタカユ機さん、タンデム・シップ・矢部さんの
3人ンのうちの誰かがボケると、そのボケにのっかって、
他の人がさらにボケる。
それにところせましとアキさんが突っ込む。
それで、会場の笑いがどんどん大きくなっていくのです

私自身もそうだった。
笑いに笑って、自分自身が笑いの渦に巻き込まれてるか、
笑いのウエーブになっているような、そんな感覚を覚えました。

「すべらない話」のとき、勝俣さんの話では、
笑いのビッグウエーブを起こしたら、その人はスターになれる、
ということも言っていた気がする。

欽ちゃんの笑いの法則にしたがうなら、
しきかけ一味のみなさんは、きっといずれスターになる。
笑いの渦にまきこまれながら、うっすらそんな風に感じていました。

でもね、大喜利のラストの方になってきたら、
さびしいなごりおしい気持ちがいっぱいになった。
もう、本当にこの本公演の時間が終わってほしくなかった。
心の底から笑ったこの時間がずっと続いてほしくて。

本当に楽しかった!と思いながら、
会場をあとにしました。

あと、笑うことは、心の栄養になるんだなあともわかった。
なぜなら、次の日の朝、目が覚めたとき、
私はとても元気だったから。
心がすっきりして、とても気持ちがよかったのです。

今年、一番にものすごく楽しい笑いの時間をくれたしきかけ一味のみなさん。
ありがとうございました。

ただね。
ひとつだけ、教訓も学びました。
お笑い見に行くときは、アイメイクはほどほどにせよ。

この本公演の日、私にしてはめずらしく、
きっちりアイラインをひいたメイクで行ったのですよ。
帰ってくるとき、鏡をみたら、涙を出るほど笑ったせいか、
目の周りのアイラインがとけてて、
そんな自分がちょっと嫌でした。

んがふふ。

ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

笑業団体しきかけ一味本公演『敷き布団とかけうどん vol.8』(4)

ごきげんよう。

ええ、だいぶ間が空いてしまってごめんなさい。

で、今さら、

笑業団体しきかけ一味本公演笑業団体しきかけ一味本公演『敷き布団とかけうどん vol.8』


のライブレポの続きね。

だいぶ時間かかって、お前、いまさらかよって
ほんと、誰かに突っ込まれそうでひやひやしてる。

だって、仕事がすんごい忙しいんですもの。許してください。

でもね、書きたいことはずっとあたためていたんです。
私はだから、それをちゃんと書かないといけないと思います。

さて、今回は、公演に登場したしきかけ一味以外の芸人さんたちについて。

公演の前説は大村小町さんとしんちゃんずさん。

大村小町さんは、私が初めて本公演に伺ったときも、
前説をされていたんですが、
色白で着物が本当に似合ってて、とても愛らしい女性芸人さん。
今回も着物姿で、おきゃんではじけてて、
本当にかわいらしかった。


そして、しんちゃんずさん。
この方は、以前前説をされてたときも、
今回もキン肉マンのマスクをかぶっていたので、
素顔はわからずじまい。
けれど、しんちゃんずさんは、今回つくづく思ったのが、
この方は、話す声が笑顔だなあということ。
声に表情がそもそもあるのかなんてことをいわれそうだけど。
前説をしているとき、お客さんに接する声がすごくやさしくて物腰がやわらかい。
その声と話し方から、やわらかい笑顔が見えました。

大村小町さん、しんちゃんずさん、
今度はどこかで、お二人のネタをがっつり見たいです。

しきかけ一味さんの本公演は、
なにげにもうひとつ毎回すごいのが、
ゲストにはずれなし。ということ。

私はお邪魔した過去の2度では
チェリーボーイさん、スパルタ教育さんなど、素敵な方々でした。

そして、今回のゲストは、キャプテン渡辺さん。

はい、去年のR-1でひとめぼれして、
単独ライブにも行ってしまったくらいファンです。
今年初めのお笑いライブで、彼をまた見れるなんて、
なんて、素敵。

しかし、この人は、本当にいつでもどこでも変わらない。
まさに「ブレないよ!」を自身がつらぬいてます。
舞台に簡素なスタイルで立ち、歯切れのよいクズ漫談を披露。
声のとおりのよさ、堂々としたクズっぷりが相も変わらず素敵です。

キャプテンさんは、漫談を2本披露。
そのうち1本はR-1決勝で披露したあのネタでした。

そう、これで、こないだのオンバト+とあわせて、
あの漫談3回見ちゃいましたよ。
もしかしたら、またどこかで見てしまうかもしれない。
なにせ、ファンですから!

さて、ゲストさんたちについては以上。

次の記事で終わりにします。

次の記事までは時間かからないようにしますっ!こうご期待!


ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

R-1決勝終了

決勝、リアルタイムで見ていました~。

う~ん、今回は、ひとつひとつのネタについて書くのは
やめときます。

一部、釈然としないとこもありました。
なんで、これで決勝?と思った人ぶっちゃけいました。

でも、素晴らしい芸人さんたちもいっぱいいました。

まず、COWCOW多田さん、優勝おめでとうございます!

私が生まれて初めて、ルミネTHEよしもと行ったとき、
舞台で、当時、まだTV的には無名だったCOWCOWを見ました。
そのときから、多田さんはすごく印象的な人でした。

そして、知れば知るほどにこの人は「真のギャガー」だと思った。

今回の決勝もミスターギャガー、劇場番長の異名にたがわぬ、
ギャグのオンパレード!
確かなつみ重ねた技術、
そして、多田さんの魅力、なぜかふわっと笑えるゆるやかさはずっと健在。
1回目も2回目もネタがまったくぶれず、クオリティも安定していました。


準優勝のスギちゃん。

正直なとこ、最終見た後は、スギちゃんに優勝してほしいと、
願ってしまいました。
今回の決勝でたぶん、一番輝きを見せてくれた人。
2本とも、はにかんだワイルドっぷりが素敵でした。
今日、スギちゃんを好きになった人がきっといっぱいいるぜえ。

スギちゃん、今年、絶対売れるぜえ。


Bブロック、個人的には、キャプテン渡辺かサイクロンZだと思いました。
徳井さんのヨギータは、失礼ながら、以前の決勝で見たのと、それほど進化しているようには、
思えなかったので。
でも、最終決戦のネタには、彼の芸人根性を垣間見た気がしました。
人によっては、いや~と思うかもしれないけど、。
私はあれをやった徳井さんに拍手を送りたいです。

今回、個人的には、AMEMIYAさん、キャプテン渡辺、スギちゃん、サイクロンZの4人を応援していました。

残念ながら、この4人から優勝者は出なかったけど・・・

でも、わたしの目に狂いはなかった!と思う。

この4人は、めちゃくちゃまっとうだった!
こざかしいことしないで、自分自身のできるネタをつらぬいていた!


ワイルドないきおいで準優勝してくれたスギちゃん。

去年、同様に、独特の艶と魅力にひきつけられて、おかしくも悲しい歌声だったAMEMIYAさん。

簡素な姿でマイク1本で、歯切れのよい漫談をやりきったキャプテン渡辺

そして、過去のR-1からは信じられないくらいすごい進化を遂げていたサイクロンZ。

芸人さんは、やっぱり、こうでなくちゃ。


この4人にやっぱり、ありがとうです。

そんなこんなで、それなりに楽しめた決勝でした。

そして、R-1の決勝舞台で、いつかガリガリガリクソンを見たいです。

ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


今日はR-1決勝ですね~

ごきげんよう。

今日は、R-1ぐらんぷり決勝ですなあ。

前のブログでは、この手の賞で
勝手に予想とかたてるのやってたんですが…

今回は、やりません。


R-1は審査が納得いかないケースが多いので。


今まで「なんで、この人が優勝じゃないの?」と感じたこと数回。

個人的には、ここ2,3年でも、
心の底から納得した優勝は、あべこうじさんくらいです。

決勝のクオリティ自体は年々上がってはいるが、
それだけに、正当な評価がないとき、腹が立ってしまう。

とりあえず、応援しているのは、
東京の方たちです。
キャプテン渡辺、AMEMIYAさん、サイクロンZ、スギちゃん。

COWCOW多田さんとかも大好きですが、
できたら、上記の4人の中から優勝者が出たら、
私は余計うれしいです。

とりあえず、最近生で見たばっかのキャプテン渡辺の漫談がまた、
ゴールデンで見れるのは、楽しみでしょうがないよっ!


ぶちかませっ!東京ピン芸人

わいるどだろお?


※しきかけ一味本公演の記事は、もう1本書く予定です。
ほんとは、R-1前に書き上げたかったんですが、
ちょいと、私忙しくて。。。
でも、どんなこと書くか、もう頭の中でいろいろ決めてるので、
ここを見てるしきかけ一味好きな方は楽しみにしていてくださいね~



ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

笑業団体しきかけ一味本公演笑業団体しきかけ一味本公演『敷き布団とかけうどん vol.8』(3)

さて、しきかけ一味の本公演『敷き布団とかけうどん vol.8』について
3本目の記事です。

しきかけ一味のリーダーをつとめるこの素敵な方!

*印度の林檎
P3110055.jpg

ギター漫談芸人・印度の林檎さん。
林檎さんの超高速ショートアタックと「実家の唄」は、
いつ聞いても鉄板です!


さすがしきかけ一味のリーダーさんだなと、
今回、強く思いましたです。


しきかけ一味のみなさんはネタをそれぞれ前後半で各自1本ずつ。

前半はトップバッター、後半はトリをつとめた林檎さんでしたが、
前半は、まさにつかみはオッケー。
後半は、トリをきっちりしめる。

そう、まさにリーダーの立派なお仕事をされていました。

前半のネタ・ショートアタックはギャグのあとの
林檎さんの一言一言がいちいちおもしろい。
ショートギャグの中にもうひとつスパイスというかお塩を聞かせて、
笑いを広げていく。
このつかみ方は、いつ見てもさすがです。


そして、こちらも林檎さんの鉄板ネタである「実家の唄」
これを聞かせていただいたのは、何回目だったかな?
でも、いつ聞いても、とても楽しくて新鮮。
いつも、色々と驚かされたり、笑ったり。
今回も、実家のお話に、
涙出るほど、笑いました!

林檎さんのネタは、いつもからっとした明るさがあり、暖かくて楽しい。
そして、器が大きい。
と、今回とても強く感じたですよ。
会場のみんなをまるごと、笑いの中に包んでいくような
ふところの大きさがありました。
いつのまにか、林檎さんと一緒になって、会場のみんなで一緒に楽しんで笑っていた気がする。

「東京で一番暖かいライブ」
と言う言葉を、しきかけ一味のみなさんのブログで
ライブ前に目にしました。

この「あたたかさ」の部分を、
一番つかんで体現しているのは、
リーダーの林檎さんではないかなと、
私は感じました。


さて、しきかけ一味の記事、
次の1本で終わらせる予定です。
(本当に終わるだろうか…)

次回へ続く。

ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

笑業団体しきかけ一味本公演『敷き布団とかけうどん vol.8』(2)

笑業団体しきかけ一味本公演
『敷き布団とかけうどん vol.8』

についての感想その2です。

今回は、この方たち。


*タンデム・シップ
P3110048.jpg

こちらのブログでは、単独ライブとか、YouTube上のラジオとかも
紹介しているタンデム・シップです。

実は、ここのところ、このコンビに対する
私の見方は結構変化しました。

初めて見た時から、しばらく抱いていた印象は、
ポップではじけてて、
でも、しっかり練習した確かな力のある持つ漫才師さん。

けれど、昨年、単独ライブにお伺いしたとき、
タンデム・シップのふたりが描く、
はじけているけど、
決してはじけているだけではない、
ビジュアルの奥行きがあるコントを目にして、
少し、見方が変わってきましたです。


いつもしつこく言っているのですが、
タンデム・シップはいつもきっちり練習した感の
あるネタを披露してくれるところが、
とても、気持ちがよくて好きなのです。

ですが、今回は、練習したものを披露してくれるんだろうなというだけでなく、
どんなネタをぶつけてくるんだろうと、
ネタの内容そのものが、すごく楽しみでした。

そして、今回のネタ2本。
こういうので来たか…といういい意味での
裏切りがありました。

言葉を巧みにつかい
そしてしゃべくりの絶妙な絡み合った
笑いを彼らは描きだしました


すごくばかばかしくもおかしくて、
ただただ、大笑いしていました。



ネタを作っているボケの矢部さん。
よくまた、こういうのを作ってきたなあと
脱帽。


これだけのネタを作って、
しかもきちんと練習も重ねて、形にしている
タンデム・シップ。
もっと、世の中のお笑い好きの人たちに知ってほしいです。

そうそう。これは余談ですが、
タンデム・シップの
ボケの矢部さん。
歌がとても上手でした!

そして、突っ込みのアキさん。
舞台のMCもつとめていたアキさんは、
あちこち走り回って
突っ込んでどついてる姿が
気持ちよかったです!
あと、アキさんは声が素敵です!


さて、今回はここまでです。

思ったより、長期戦になるかもしれない
笑業団体しきかけ一味本公演『敷き布団とかけうどん vol.8』の感想。
一応、私のめどとしては、記事4本くらいになるかなと思っています。

もう少しおつきあいくださいませ。

ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

笑業団体しきかけ一味本公演『敷き布団とかけうどん vol.8』(1)

P3120066.jpg

RIMG0111.jpg


3月10日(土)、なかのZERO小ホールで開催された
笑業団体しきかけ一味本公演
『敷き布団とかけうどん vol.8』

に行ってまいりました。

しきかけ一味さんは、
ギター漫談ピン芸人・印度の林檎さん
漫才コンビ・タンデム・シップ
特撮ヒーロー芸人・トミウラタカユ機さん
の4人のお笑いプロジェクトチーム。

池袋の駅前でのストリートライブを中心に、
活躍されている芸人さんたちです。

私は数年前にご縁があって、
しきかけ一味さんを知りまして、
それ以来、確かな実力を持つ彼らの大ファンになってしまいまして、
本公演にも今回で足を運ぶのは3回目となります。

ちなみに、私、しきかけ一味さんについての
記事をこちらで書かせていただいています。

さて、前置きはこれくらいにして、1年ぶりにお邪魔した
本公演の感想です。

しきかけ一味のみなさんたちのネタについて。

*トミウラタカユ機
P3110047.jpg


特撮ヒーローネタが得意なトミウラさん。
というか、特撮を好きな人からしたら、
トミウラさんはもはや神芸人と言ってもいいくらいじゃないかと思います。

私は石ノ森先生大好きで特撮も(主に昭和もんですが)
比較的好きな方なだけに、
いつ見ても、トミウラさんはどストライクです。

今回もトミウラさんの特撮ネタを楽しみにしていたんですが・・

やばかったです。

今回は単にどストライクなんかじゃない。
ど・ど・どストライク!
シャキ―ン!

って感じでした。

今回、トミウラさんが披露してくれたのは、
仮面ライダーとクラシック音楽を融合するというすご技のネタ。

ええ、私はヴァイオリン弾きでオーケストラやってますよ。
特撮ヒーロー好きですよ。

これが、はまらずにいられるかっての。

しかも、トミウラさんが使ったクラシック曲のうち2曲は
自分がオーケストラで演奏したことのある曲でした!
もう、嬉しくてたまりませんでした。

いや~、あのネタもっとたくさん見たいわ。
なんなら、次はこの曲!ってリクエストしたいくらい見たいわ。

トミウラさんがやってくださった曲のなかには、
今もオーケストラで演奏する機会の多い
「ラデツキー行進曲」がありました。

たぶん、今年も1度くらいどこかで演奏する気がするんですが、
この曲を弾くときは、きっとトミウラさんを思い出すに違いないでしょう。



あ、ついでだから、ここに書いておこう。

「アメトーーク」で、この間「仮面ライダー芸人」とやらが
プレゼンされていましたが、
それが実現したあかつきには、ぜひトミウラタカユ機さんに出演してほしいです。
歴代の仮面ライダーの変身ポーズをすべてこなせるというトミウラさんが出ないで、
「仮面ライダー芸人」をやらないのは、むしろ看板に偽りありです!


さて。

ほんとは、記事1つで…と思っていたんですが、
トミウラタカユ機さんの感想だけで、
思ったより長くなってしまいましたので…

笑業団体しきかけ一味本公演
『敷き布団とかけうどん vol.8』
については、また何本かにわけて、
感想記事を上げたいと思います。

では、今回はここまで。次回に続きます。

シャキ―ン!


ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

3.11

PA270031.jpg

笑い疲れた最高のライブでした。


ライブ終わりました!

しきかけ一味の本公演!
素晴らしかったです!
もう、ただただ笑いすぎて、今は笑い疲れています。

しきかけ一味、最高だぜ。

これからお笑い見ます。



これからお笑いらいぶです。


大好きなしきかけ一味の本公演ですっ。

ドキドキワクワク。

今年のR-1決勝は…

R-1のファイナリストが発表になった後、
選ばれたスギちゃんとかキャプテン渡辺
ブログを見たのですわ。

そしたら、
スギちゃん、キャプテン渡辺、サイクロンZ、AMEMIYAさんの
4人のショットがありましたですよ。

この4人は、東京の事務所に所属する
ピン芸人さんたちです。

写真を見て、
この4人が大暴れしてくれる決勝になったらいい!

と思いましたですよ。

いや、これ以外のファイナリストんが活躍しないでほしいわけじゃないですよ。
(COWCOW多田さんとか、大好きさ)

でもね。

なんか、心情としては、どうにも↑の4組に
頑張ってほしい気がするのですよ。


でもって、この4人のうちの誰かが
優勝したら。。。いいなあ。

ということで、
今年は、
ぶちかませ、東京ピン芸人!

と思って応援したいと思います。



ワイルドだろぉ




ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

【R-1ぐらんぷりに寄せて】ガリガリガリクソンのブログ

R-1ぐらんぷり。

準決勝を見た人たちのtwitterをいくつか
見たのですが、
準決勝の舞台を見た方の
twitterをいくつか見ましたが、
ガリガリガリクソンが
非常にうけていたそうです。

彼を決勝で見たかったなあ。

最近の彼のブログの記事は、めちゃくちゃおもろかったです。

http://garigarigarikuson.laff.jp/blog/2012/01/post-8b38.html



↑決勝に行けなくたって、ガリガリガリクソンは骨の髄まで立派なピン芸人です。



ちくしょう、
前にも書いたけど。
ガリガリガリクソンがR-1で優勝したら、
それこそ、私は号泣するのに。



ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

R-1ぐらんぷり決勝進出者発表

ごきげんよう。

R-1グランプリ決勝進出者発表されましたね~

以下、ニュースから転載。

AMEMIYA
いなだなおき(アインシュタイン)
COWCOW多田
キャプテン渡辺
サイクロンZ
スギちゃん
徳井義実(チュートリアル)
千鳥・大悟
友近
ヒューマン中村
ヤナギブソン(ザ・プラン9)
野性爆弾・川島


最初、ざっくり見て、
去年より、純粋なピン芸人さんじゃない人の
比率が高いなと思いました。

いや、それが悪いってわけじゃないです。
ルールでも認められていることだから。

ただ、ちょっと寂しいですね。
やっぱり、純然たるピン芸人さんたちの
活躍の場であった方が嬉しいなあ。

AMEMIYAさんは、なんとなく
今年も決勝来るだろうなと
予感していたので、
ああやっぱりという感じ。

すぎちゃんは、
芸風からして、どうなんだろう?という
気もしていましたが、
スギちゃんが決勝で見られるのは嬉しい。
あの芸で決勝まで行ってくれたことが、
すでにワイルドだぜえ

そして、個人的にはこの人の決勝入りが
やっぱり嬉しいです。
キャプテン渡辺。

ええ、去年単独ライブ行っちゃったくらい、ファンですからね。

メンツを見た限り、誰が優勝するかは、わからんですね。

ただ、しつこいですが、
純粋なピン芸人さんに優勝してほしいです。

あと・・
R-1は、
ほとんど毎回、審査に釈然としないものを
感じます。


辛口ですが
全部がとはいいませんが、
この大会の決勝で正当な評価をされなかったな…という
芸人さんを何度も見ました。

芸人さんたちはここに人生をかけてる人だっているし、
お笑いファンだって、面白くて実力がある人が
きちんと正当に評価される大会を見たいです。
番組を作る側が大会の価値を下げるようなことのない、
決勝を望みます。


ああ、しかし
個人的には、ガリガリガリクソンが
決勝で見たかった。

ガリガリガリクソンがR-1で優勝したら、
間違いなく、私、号泣するのに。


ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

よしもと男前&ブサイクランキング2012

毎年恒例のよしもとさんの男前&ブサイクランキング。

このランキングは、毎年なんとなく楽しみで、
ついついこれが発表される号は「マンスリーよしもと」買ってしまいます。

1位に輝いたのがどなたはか、ニュースでわかったのですが、
詳細な順位が知りたくて、昨日やっと今月号を購入しました。

マンスリーよしもとPLUS (プラス) 2012年 04月号 [雑誌]
マンスリーよしもとPLUS (プラス) 2012年 04月号 [雑誌]

ブサイクランキング1位が誰になるかは、
そりゃ1年くらい前から予想がついてましたが、
男前が綾部くんてのは、意外な結果。

去年、ライセンスの藤原くんが殿堂入りしてしまって、
男前は「これ!」という人がいなくなってしまいましたよね。


混戦の中で、知名度と人気をここ1年でぐっとあげた
綾部くんが制したって…感じなのかしら。


個人的には、いつも上位安定してるロザンの菅さんか
ハイウォーの松田さんあたりかと思ってたんだけど。

2位がオリラジ・あっちゃんてのは、
ファンの方には申し訳ないが・・意外以外のなにものでもない。
だって、いわゆる男前顔じゃないでしょ。
しかも、アジアンの隅田さんに似てるしさ。
(これ、前に隅田さんが自分で言ってたんだよ。)

ただ・・・
とりあえず、今回から続けて3回は
この企画の主役になるのは、間違いなくノンスタ・井上くんでしょう。

数年前、突然2位に躍り出るという快挙を成し遂げて、
その後順調に躍進ですよ。
素晴らしいねえ。

あとね。
個人的に、ランクがどのくらいか知りたかった人は、
実は、ジャンポケ・斎藤くんだったんですが、
ブサイクの10位に入っていました。
もう少し、上に行くかと思ったのになあ。

あと、このランキング見たくて買った
「マンスリー吉本プラス」ですが、
テンダラーの浜本さんが1ページのってたので、
ちょっと得した気分です。


ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

はげとぶつぶつ風呂

moblog_a18be112.jpg

昨日、買い物に行ったとき、
お写真のお風呂のもとを見つけて、
ついつい買ってしまいました。

だって、ブラマヨ好きでたまらないんですもの。

しかし・・・

どうしよう、これを入れたお風呂に入って、
ぶつぶつではげになってしまったら。



と、思ったら
はげとぶつぶつ風呂じゃなくて、
湯気でぶくぶく風呂でした。

ああ、よかったあ。

ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

プロフィール

ai@フリーライター

Author:ai@フリーライター
お笑い好きのフリーライターです。たまにお笑い関係のお仕事もします。ここでは、お笑いについて趣味まる出しで好き勝手に綴ります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中です

アクセスありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。