FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たりないふたり」ハズレなし!

「たりないふたり」やっと見ました。

見終わった後、激しく後悔しました。

初回から、ちゃんと録画しとけばよかった~


めちゃくちゃ面白かったです!


「潜在異色」のときと、同じ感覚でした。

やっぱり、この組み合わせはいいね。

何がいいって、ふたりとも聡明なので、
内容に頭のいい人にしかない奥行きの深さがある。
ふたりの話す言葉の適度な毒と適度な腹黒さ、
そして、ほんの少しの傷と、垣間見える闇の深さ。

ものすごく、気持ちがよかったです。

聡明な人たちの言葉と思考がとびかって重なって
流れに無駄な滞りがない。

そう、こういうのがやっぱ好きさ。


南海キャンディーズの山里さんとオードリー・若林さん。

双方、「モンスター」的な相方を持つふたりですが、
通常のコンビのときも素晴らしいこのふたりが、
通常とはまた違ういきいきした感じでやっています。
ふたりとも、たりない部分を発揮しまくってて、
すごく楽しそうでした。
こういうこと、やりたかったんだろうなあ。

これは、4月の新番組の中で、文句なし、
一番面白い大ヒットです。

これから、毎週楽しみだわ。




ランキング参加中です
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

お笑いライブ終わりました。




ライブ終わりました。

すでに新宿バイタスをあとにして、スタバで休憩してます。

カリスマといわれるピン芸人さんの単独ライブ見てきました。

すごかった!

ほんとにカリスマでした!


えずれひろゆきさん、ありがとうございます。

バイタスなう


新宿バイタスに来ています。

はい、お笑いライブ見に来ましたですよ。


あるピン芸人さんの単独ライブです。

楽しんできますっ。

「食べずには終われんばい!」買いました。

ごきげんよう。

本日、密林から注文していた本が届きました。

P4240404.jpg

博多華丸さんの「食べずに終われんばい!」です。

少し前に東野幸治さんのブログのこの記事を読んで、華丸さんの食に対するこだわり、いいなあ、と思った。

私もどっちかというと食い意地が張ってる方なので、
華丸さんの感じ、すごいわかるのです。

だって、ごはんは癒しですもの。
できる限り、おいしく楽しく食べたいじゃないですか。

そんな華丸さんが、グルメ的な本を出すと聞いたときから、
買うと決めていました。

ただね。
問題はね。
これ、福岡のお店ばっかりなのさ。
博多華丸・大吉が東京グルメの本なんぞ出す必要ないとは思うが。

でもさ。
しばらく、福岡に行く予定ないんだよねえ。

ヘタしたら、ほんとに食べずに終わりそうです。

食べずに終われんばい! in 福岡 ~ごはん迷う芸人、博多華丸の大決断!~ (ヨシモトブックス)
食べずに終われんばい! in 福岡 ~ごはん迷う芸人、博多華丸の大決断!~ (ヨシモトブックス)

オンバト+感想(2012/4/22)

今回のオンバトは、もう感想はこれだ。

とにもかくにもトミドコロ!

以前、この人を「オンバト」で見たときのことは、
よく覚えている。

最初は、意味がわからなかったのが、
全力体当たりでひとりコントをするトミドコロさんの姿に
どんどん、引き込まれていき、
終わったとき、思わず拍手した。

今回も素晴らしかったね。
ひとりで、小細工もせず、
体当たりであそこまで演じ切って作り上げて、
とにかく、見事でした。


最近、もしかすると私の中でピン芸人さんがブームなのかもしれませんが、
ピン芸人さんの凄味というのを、ふつふつ感じています。

すごいピン芸人さんというのは、コンビ芸人、トリオ芸人をはるかに上回る
凄味があります。

それは、やはり「ひとり」だからだと思うのです。

たったひとりで、何もかも作り上げる。
それが、恐ろしい凄みを生み出すのです。

そして、私の勝手な感じ方にすぎないかもしれませんが、
すごいピン芸人さんに共通して言えるのは、
こざかしいことをしない。無駄な小道具を使わないということ。

あ、誤解しないでほしいのですが、
小道具がいけないといってるのではないです。
ただ、本当に、すごいピン芸人さんというのは、
本当に必要な道具しか使いません。


トミドコロさんも、まさにそういうピン芸人さんのひとりなんです。
この人は、いつも簡素な衣装で、
身体ひとつで、ひとりコントを演じ上げる。
それが、全然不自然じゃない。むしろ、気持ちがいい。
粗削りなところはあれど、それも持ち味になっている。

トミドコロさん、次こそはR-1決勝に来ないかなあ。
それだけの力は持ってる人だと思う。

チキチキジョニーのしゃべくり漫才もすごくよかったです。
以前オンバトで点数すくなかったみたいな
トークをされていましたが、
じゃあ、そのあと、すごく技を磨かれてきたんでしょうね。きっと。
しゃべくり漫才っていうなら、これくらいやんなきゃね!ってくらいの
ボケと突っ込みのやりとりが痛快でした。

そして、スギタヒロシさんのエイリアンは、
本当に生きてるんじゃなかろーか?と、
ちょっと、どきどきしましたとさ。


ランキング参加中です
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

今週のブラマヨと愉快な仲間たち

「ブラマヨと愉快な仲間たち」
今週のゲストはハリセンボン。

文句なしに面白かった!

トークしている4人ともが、クレバーなので、
話に余計なものがなくて、
わらかすツボも4人ともが心得ていて、
気持ちがよかったです。

ハリセンボンの二人、出世が速く、
あまり、下積み的なことがないと
いうような話をしていましたが、
彼女たちに関しては、すぐ売れた理由はよくわかります。

だって、面白いですもの。
さらに、彼女たちは非常にクレバーだから。

笑わせるツボを心得ていて、
なおかつ「私が私が・・」みたいな、
変なでしゃばり感もなく、前に出るにしても、程よい出方をする。

しかも、ハリセンボンのふたりは、売れている女芸人さんたちの中でも
随一の類まれな品のよさがある。
彼女たちは、中途半端に媚びたり、あざとい下ネタでウケをとるみたいなことを絶対にしない。
だから、見ている側も、安心していられる。

かといって、下ネタがまったくできないわけではないし、
いい子ちゃんぶっているわけでもない。

そして、春菜ちゃんの「角野卓三じゃねえよ」のように、
うてば響くから、周りがいじりたくなる。

さらに、はるかちゃんの「エジプトの壁画の女性」のものまねみたいに、
ハッとするようなきらめきもある。

ハリセンボンは、ふたりともに才能があったから、
売れるべくして売れたんだと思います。

ブラマヨとハリセンボン、
他の番組でもこの4人が並んでいると嬉しいですね。

ということで、
「ピロロン学園」は、もう少し見続けるか。

ちなみに、今回のハリセンボンとのトーク。
できたら、長いバージョンが見たい。
DVD化熱望!



ランキング参加中です
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

4月からの新番組は何見ようか

お笑いは好きです。

しかし、バラエティーはどっちかというと嫌いなのです。


何度も書いてるけど、バラエティー特有の
ぐだぐだ感が嫌いなのです。

「ロンドンハーツ」
(マジックメール的な企画は、あまり好きではないが)
とか、
「アメトーーク」とか、
「ブラマヨと愉快な仲間たち」とか、
ああいうプロ芸人さんの
面白いトークだけががっつり聞ける番組は
大好きですが、

きちんとした方向性のない
脈絡なく芸人さんとタレントさんが
意味のないことしてる…みたいなのが
嫌いなのです。

「お試しかっ!」とかは、ぐだぐだしてると見せかけて
よくできてるなと思うし、
「333」みたいにいい意味での手抜き感が
はまる例外もあるんですけどね。
(我ながら、「333」いまだに見続けていることがすごいと思う)


最近、
芸人さんの新番組がいろいろ登場して、
出演者につられて、いろいろ録画してみたんですよ。

しかしね。

「奥の深道」
「日曜×芸人」

出演者、大好きな人ばっかなので、
はりきって、録画してみましたが、
両方とも、最後まで見ることができませんでした。
好きな人、いたら申し訳ありませんが、
私は、あのぐだぐだ感についていけなかった。

これから先、続けてみる可能性は薄い。

初回だけで決めるなとか
出演者がいいから、
続けてみれば変わるかもという意見もあるかもしれんが、
初回って結構大事ですよ。

「ピロロン学園」は、とりあえず、
まだ、見られるゆるさなので、
続けてみます。

あとは…白状すると、
実は「たりないふたり」まだ、見れてない。
録画し忘れました。

「潜在異色」で、あの組み合わせはすごい好きでしたから、
楽しみなんだけどなあ。
おもしろいといいなあ。

あと、「ウレロ☆未確認少女」の
第二シリーズ希望します。



ランキング参加中です
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

先週のレッドカーペット

仕事に猛烈に追われていた期間がようやく一段落して、
録画していたレッドカーペット(4/15)の放送を見ましたですよ。

個人的には、何よりどつぼだったのは、
オードリーとドランクドラゴン・鈴木さんのコラボでした。

もう、今回はあれが見れただけで、私はいい!
売れっ子になっても、オードリーのクオリティは変わってないし、
鈴木さんのポンコツっぷりも変わってない。


スギちゃん、きてるね~
この人は、ほんとに人柄の良さが
そのまま、芸になってる。

あと、私が見た後、検索しに行った芸人さんは
高橋工房さんです。
あの、今田さんの顔した発泡スチロールは、
ちょっと感激ものだった。
NHKの教育番組でなんか作ったり、
個展とかしてほしい!

ラバーガールやハマカーンも
安定していていいね~
ハマカーンの「下衆の極み」
もはやあれを聞くとスカッとします。

ニッチェの二人はあの日本映画学校の
卒業生なんですね。
江上さんは、演技も歌もすごく上手だから、
学校ですごく真面目に学んだのかなと思いました。
ぜひ、彼女と渡辺直美ちゃんのコラボが見たいです。


レッドカーペット賞はCOWCOW!
以前にもとってましたが、めでたいねえ。

COWCOWはあまりに芸が自然なので、
気づかれにくいのですが、
ものすごくレベルが高い芸人さんたちです。
「おもしろいだろ?すごいだろ?」みたいな芸人さん側の
一方的なおしつけとか
芸人さんの勝手な思い込みがなくて、
「楽しいこと」「お客さんを楽しませること」が、
どういうことなのかを、二人がきちんと心得てる気がする。
COWCOWのネタは、ほんと心置きなく見ている人がリラックスして楽しめる。
あまりに自然でやわらかでふわっとしてるから、
そこがなかなかわかりにくい気がするのだが、
きっと、COWCOWは末永く生き残ります!

お正月にも見たけど、
今回はより盛りだくさんだった気がします。
こんなに一度にネタみたの、えらく久しぶりなきがする。
でも、ネタ番組はやっぱ楽しい。
ネタ番組、また復活してほしいなあ。


ランキング参加中です
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



オンバト+感想(2012/4/15)

今回は、全体的にオンエア組のレベルが一定を越えていた気がする。

だいたいどの組も安定して笑えました。

ジグザグジギーは、シンプルで面白いネタでした。
このネタを面白くしたのは、
先生役をした方の滑舌のよさじゃないかと思います。
「滑舌がよければ、ネタは3倍面白くなる」
というのが、私の持論なのですが、
セリフがききとりづらいと、それだけで見てるお客さんはストレスになるからね。
先生役のおにいさんが呼ぶ名前がぜんぶすらすらなめらかに耳に入ってきたのが、
よかったです。

アームストロングは、数年前、単独ライブにも行ったくらい大好きです!
彼らは見た目がイケメンとかそういうことを越えた
「男前」なところがある芸人さん。
いつでもどこでも骨太さがあって、ネタにいい意味での緊張感があり、
けっしてぬるいとこへいかないのが
いいなあと思います。
意外と変化球を投げてくることも多くて、
今回もそっちだった気がするんですが、きっちり骨太くまとまっていた。
彼らは、いつかぜひオンバトのチャンピオンになってほしいですなあ。

ちょうど、昨日「西岡中学校」携帯音にしたいなと~と思ってたとこだったので、
ラブレターズが見れたのが嬉しかった。
溜口さんは、泣く演技がよく似合いますね。
しかし、このコンビ、こういうほめ方はいいのかわからんが・・・初々しくていいなあ。
KOCでダウンタウンと絡んでたとき、すごいかわいかったもんなあ、あの二人。
でも、そういう初々しさも魅力だと思います。
ラブレターズは、また見たいですもん。ほんとに。

今回の感想はこんな感じ。

私、この番組はいつも録画で見ているので、
視聴者投票ができないのが、ちょっと残念ではあるなあ。
今回は、リアルタイムで見てたら、投票してたのになあ。


ランキング参加中です
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

スギちゃんさんのダイアモンドが輝いてるぜえ。

文章書きを仕事にしている私は、
文章を読むのが大好きで、
自分以外の方のブログを読むのもすごく好きです。

そして、お笑い好きですから、
もちろん、芸人さんのブログもいっぱい毎日見ています。

最近、特にお気に入りなのが、
スギちゃんさんのブログです。

何がいいかといえば…
とにかく、ほっこりするのよ~(≡^∇^≡)

スギちゃんさんの人柄のよさが
言葉の端々ににじみでてるぜぇ

毎日、お仕事を楽しんでたり、
ファンからのプレゼントを披露している
スギちゃんさん。
ブログ見てると、思わず笑顔になっちゃうぜぇ。

R-1の決勝でも、
芸のはしばしから、人柄のよさが感じられて、
それで、みんながスギちゃんを好きになったってのが
絶対あると思うんだけど。

人柄のよさも芸になって、
この人の中にあったダイアモンドがきっと
今、輝いているんだろうなあ。

今日も「レッドカーペット」に
スギちゃんさん、出るらしいぜぇ。

楽しみなんだぜぇ。



ランキング参加中なんだぜぇ。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

「THE MANZAI」今年も開催

「THE MANZAI」今年もやると正式発表出たみたいですね。

去年の決勝はとても楽しかったです。

去年の最終結果やらごほうびの冠番組が
アレだったこととか、色々と論議をかもしだしてるとこもあるのは
聞きました。

いや、正直私だって、
もろもろ?とは感じてますよ。

でも、去年のあの決勝があったおかげで、
Hi-Hiが大ブレイクしたし、
テンダラーやチキチキジョニーとかも
露出増えてる。

色々論議をかもしだす部分もあるのは確かですが、
賞レースは、優勝した芸人さんだけが面白いわけでもないし、
優勝した人たちだけのためのものじゃない。

私は、去年の決勝、
それこそ、出演した芸人さんみんなにありがとうって言いたかった。
あんなにいっぱい面白い漫才見て、笑えたんですもの。
あの番組を楽しくしたのは、あの番組に出ていた
すべての芸人さんたちです。

優勝に?がつかなかったかといえば、
それは私もついてる気はするけどさ。

でも、決勝を見終わった後、
素直に「ありがとう」の言葉がこころにうかんだくらい
楽しかったのだ。

だから、今年も楽しみたいです。

ただね。
去年優勝したコンビは、正直、もう出ないほうがいいんじゃないかと
思いますけどね。
実力もあって、2つも大きな大会を制しているにも関わらず、
ブレイクしきれていないとしたら、
もう、これは、出てくる場所を間違っているんでしょう。
戦略転換した方がいい気がします。
しがないただのファンの意見ですけどね。

ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

ピロロン学園初回感想

昨日から始まった「ピロロン学園」

これは、レギュラー陣を見た瞬間、
「毎週録画する!」
と、決めました。

だってだって。
レギュラーが好きすぎる人たちばかり。

前のブログでも
なんど「ブラマヨ最高!」と叫んだかわからないブラックマヨネーズ。

クレバーさも上品さも愛らしさも好きでたまらないハリセンボン。

コントもキャラもすごく好きなロッチ。

たまんないすね。

萌えと興奮をかきたてる面々ですよ。

第一回は・・・とりあえず、深夜のバラエティですな。
適度にぐだぐだ。
適度にキャラのよさがひかってる。

私、お笑い好きですが、
バラエティのぐだぐだ感は
どっちかというと、あまり好きではない。
(だから、お笑い系番組すべて見るわけではない)

深夜バラエティというのも、
いい意味でのゆるゆる感がでるか、
悪い意味でのぐだぐだ感がでるか、
そのどっちかに転ぶところがある気がする。

この番組ははたしてどっちに転ぶかね。

メンツはとにかく好きすぎるので、
見ますけどね。

とりあえず、ブラマヨ・吉田さんは、
初回から相変わらずのレベルの低さが素晴らしい。

どうかしてるぜっ!

ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

女芸人ちぇんちぇんさんが沖縄のCMに出ています。

私が以前、取材させていただいたことがある女芸人・ちぇんちぇんさんが、
沖縄でTVCMに出演中だそうです。

↓の映像。左がちぇんちぇんさん。





かわいいでしょ。

ちなみに
私がちぇんちぇんさんを取材させていただいた記事は、
こちらとかこちらね。


かわいくて愛らしいちぇんちぇんさんを取材するのは、
とても楽しかったです。

ちぇんちぇんさん、ますます輝いていってくださいね。

ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

たむけんは箱根の関所を越えると服を脱ぐ

P4080300.jpg


私、去年のいまごろ、ちょうど京都を旅行しておりました。

そんでね。

朝、京都のホテルでテレビをつけたとき、
いわゆる朝の情報番組だと思うのですが、
たむけんこと、たむらけんじさんが
服を着て普通にコメンテーターっぽく出演していました。

私、なんかそのことに、自分でも予想外のショックを受けてしまいました。

いや、知っていましたよ。

たむけんは、箱根の関所をこえると服を脱ぐと。

たむけんは関西では服を着て、サングラスもつけずに
芸人さんをやっているとは知っていましたよ。

知っていたんだけど・・・
目の当たりにすると、なんかショックで。

関東のTVではたむけんがこういう風に出演することは、
ありません。

情報番組に出るとすれば、
ふんどしに獅子舞をかついで、
にぎやか師かあるいは“邪魔”しにくるかのどっちかです。

そして、そんなたむけんを
「あほやこいつ!」と、
つっこんで、見るのが私は好きで。

そう、そんなたむけんが好きだった。

なので、服を着て情報番組に出ていて、
いつもみたいに「あほや!」とは、
ちょっと、思えないようなたむけんを見て、
なんか、急にたむけんが遠くに行ってしまった気がしたのです。

あれ、私の知ってるたむけんと違う。

ちなみに…

去年、大阪に行って、お笑い好きなお友達とお食事したんですが、
たむけんさんについて、東京ではこんなんなんだよ~って
話したら、びっくりされてました。
「こっちでは、いいお父さんってイメージの芸人さんですよ~」
って感じでした。

あと、つい先日も大阪におすまいのライターさんとお会いしたとき、
同じ話をしたら、
やっぱり、たむけんが関東では服脱いでるということに
びっくりされていました。

逆に関西の方が東京に来て、テレビでたむけんを見たとしても、
やっぱり、私のようにショックを受けるのでしょうか。

あれ、私の知ってるたむけんと違う。と。

ま、服を着てようと着てまいと、
たむらけんじさんは魅力的な芸人さんなことに変わりはない。

でも、箱根の関所を越える前と超えた後に、
こんな寂しさを感じるなんて、思わなかったわ。

ちゃーーーー。

ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

オンバト+感想(2012/4/8)

チャンピオン大会の次の週に、もう新シーズン始まったオンバト+。
本日、録画見ましたですが・・・

や団おもろっ!

ネタそのものは、特に斬新ではないのですが、
おさえるべきツボをきっちり抑えていた気がする。
芸人さんが笑わせようと狙ったところで、
こちらも無理なく笑えたっていうそういうきっちり感。

東京の人たちっぽいなあ、どこの人たちだろうと思ったら
SMA NEET Projectでした。
最近、この事務所の芸人さんたち、ばしばし来てるよねえ。

あと、なんかものすごい久々に
マシンガンズを見れて嬉しかったわあ。

この人たち、うるさく怒鳴るイメージあるけど、
やかましくないんですよね。
しかも、言ってることが意外と的を得てるから、すごい。

さて、なんだかんだでオンバトも記事をこれからも
書きそうだから、カテゴリに加えようかしら。

ああ、しかし、地味に司会が変わってしまったのが残念。
斉藤アナ、結構好きだったんだけどなあ。


ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

「出川ゴルフ」は神映像

さて、引き続き「アメトーーク」DVDのお話。

どうにも見たくてたまらなくて、
21巻の特典映像「出川ゴルフ」を見てしまいました。

やばいわこれ・・・

神映像!

あまりに面白くて。

ひとりで見て大笑いし、

さらに母ともう一回見て大笑いし、

「今度は父に見せよう」と、母と心を決めました。

出川哲っちゃん。

いつのまに、こんなに素敵なスケールの大きい芸人さんになっていたのだろう。


テレビで見てると、
いつでも、ひどい目にあい、不幸になり、
いじめられたり、舐められたり。

でも、そのすべてが笑いになる。

全然、悲壮感がない。

こういう人って、ほんと、めったにいないと思う。

芸人として、人間として、
この人はたぐいまれなるギフトを神様からもらっている気がしてならない。


そんな哲っちゃんの魅力が
この「出川ゴルフ」では、おもいきり楽しめます。

もう、ほんとこの特典映像見たさに
DVD買いに走りました。

つらいとき、悲しいとき、
これをみて元気をもらいたいと思います。

んがふふ。

ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

「アメトーーク!」最新DVD

moblog_1d9f29f2.jpg

moblog_b96a2502.jpg

「アメトーーク!」最新DVD2本が我が家に来ました。

お店で買ったら、
初回限定なのかな。
お写真のDVDの表紙さしかえられるやつ、もらいました。

男塾とキャプテン翼。

『翼」の方は、ごていねいに、
「トークは友達」というタイトルまでついてます。

アメトーークのDVD,気が付いたら我が家に結構積み重なっていました。

ただ、今回の最新巻はどうしても見たいのがあったのさ。

なにかといえば・・・

出川ゴルフ!


オンエアの回も見ていて
てっちゃんの神業ゴルフに大爆笑しました。

ゴルフ好きのうちの父と一緒に見て、楽しみたいと思います。

「オンバト+」第2回チャンピオン大会感想

仕事が落ち着いたので、やっと「オンバト+」第二回チャンピオン大会、見ましたので、
その感想です。

まずは、なにはともあれ、タイムマシーン3号の優勝おめでとうございます。

オンバトで満点を出したこともある無冠の実力者がついにやったねえ。

この人たちは本当に実力はあるのに、
賞レースでは、今一つのところで逃ししまっていた。
それも、私が見てる限りでは、
実力不足とかではなく、運が悪かった・・みたいな感じが多くてね。

私は、数年前、漫才協会主催の「漫才新人大賞」の決勝を
取材にいかせていただきました。
(ちなみにその時の記事はこちらね)

このときもタイムマシーン3号は2位のポジションにあたる
優秀賞でした。

このときも、彼らの漫才はめちゃくちゃ面白かったです。
ただ、優勝できなかったのは、「漫才新人大賞」の賞の性質という
ところもあったかなと思いました。

このとき、優勝したエレファントジョンも素晴らしかったです。
私も見てて、優勝はエレジョンかタイムマシーンだろうなと思った。

そして、会場ではさらになぜタイムマシーン3号が優勝にならなかったかという
理由もきちんと会場で説明されていて、非常に理にかなっていました。

ただ、私は会場で、
「もし、この会場がM-1グランプリだったら、優勝はタイムマシーン3号だったかも」
とも感じました。

もう、それくらい彼らは実力ある面白い漫才をしてくれたのです。

ほんと賞をとれないのは、運が向いていないくらいの理由しか
思いつかなかった実力者・タイムマシーン3号がついにチャンピオンとったのが
喜ばしいかぎりです。

今回の決勝、2本ともネタは万全でした。
てか、この人たちは最近万全じゃないとこを見たこともなかった。
しゃべくりの裏にきちんと練習を重ねた後が見える。
その熟練ぷりがとても気持ちよかったです。

ただね。
私は、トップリードのコントが一番好きだーっ!

もう、あの突き抜けたバカっぷりがたまんないです。
新妻さんのばかばかしいことを真剣にやってるあの感じ。
このカラッと笑えるところが、ほんと好きで好きでたまりません。

東京コントの騎手、ラバーガールはさすがの安定感。
この人たちも、自分たちのカラーをしっかり持っていますから、
いずれ、どこかでチャンピオンとかになるでしょう。


今後に期待したいのはspan!
この人たちも、見るたびにほとんどはずれがない。
しゃべくりがうまいし、
自分たちのキャラをきちんとわかってて、
どこでどうはじければいいかっていう足し引き算もちゃんとできてる気がする。

そのうち、きっと来ると思います。

去年は震災のためにチャンピオン大会が延期になった。
だから、今年はチャンピオン大会が来るのがすごく早かった気がした。

そして、もう次のシーズンが始まります。

若手芸人さんたち、また頑張ってください。

次は、キャプテン渡辺とかガリガリガクソンを
チャンピオン大会で見たいです。


ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

プロフィール

ai@フリーライター

Author:ai@フリーライター
お笑い好きのフリーライターです。たまにお笑い関係のお仕事もします。ここでは、お笑いについて趣味まる出しで好き勝手に綴ります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中です

アクセスありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。