FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週のレッドカーペット

今回は、新旧交代を狙ったようで、
新しい人がどんどん登場していた「レッドカーペット」

ただな・・・
新しい方たちに、まだいまいちなじめなかった感あり。
なかなか、満点も出なかったし。
ちょっと、前半、きつかったかも。

ただ、そんな中でも、光っていたのはチキチキジョニー。
きちんと叩き上げた「漫才師」感がよかったです。

同じ女性芸人さんでニッチェもきちんと演技を勉強してきているうえでの
うまさが光っていたんですが、
チキチキジョニーも、ボケの彼女、滑舌がよくて、毒舌がすーって耳に入ってくるから、
より、痛快さが増してくる。
チキチキジョニー、これから意外と大化けするかも。
ウン十年後、名女漫才師とかになってそう。

そして、後半、おなじみの顔が出てきてくれたときは、
やっぱり大笑いしました。

オードリーとナイツのコラボはさすが。
したたかな実力者同士らしい、抜群のバランス。
てか、オードリーは、いまだこの番組に、
わりとコンスタントに出てくれているのがうれしい。

ハマカーンの「下衆の極み」も、
スカッとしました。
ボケのおにいさん、あれに入る前の口上?がどんどんうまくなっていて、
気持ちいい。

ザ・ギースのコントも楽しかった。
他とは違う発想をしてるぞ的な空気を出してるわりには、いやそうでもねえしって芸人さんも
少なくないんですが、
この人たちは、本物。ほんとにいつも発想が面白い。
まだ、粗削りなとこがあるんだけど、
次は何をしてくるだろって、ほんとに楽しみにしています。

今回も投票1位はCOWCOW。
そうだよねえ。当たり前体操、ほんと楽しい。
COWCOW、特に多田さんは、見ている側が疲れないで、
気持ちよく笑わせてくれる。
見た後、笑って疲れたじゃなくて「笑って気持ちいい」なんです。
こんな芸人さんは、他にいない。
しつこくいってるが、多田さんこそ、まさに非凡な才能の持ち主。

そしてそして!
最後の「レジェンド」の乱舞はただただ素晴らしかった。

久しぶりに見る人も多かったけど、
みなさん、まったくぶれがなかった!
そうだよ、このばかばかしさ。
これこそ、芸人さんだよ。
みょーちゃん、芸人さん続けてくれててよかったよ。

というわけで、主に後半楽しかったレッドカーペットでした。

ところで、じゅんいちダビッドソンさんは、
いつかレジェンドの仲間入りをするんじゃないかと思われます。



ランキング参加中です。クリックしていただけたら小躍りします!
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

TV朝日にて

ごきげんよう。

少し前に六本木ヒルズを訪れました。

そのとき、「アメトーーーク!」の横断幕につられて
TV朝日にも足を踏み入れました。

ほんで撮ったお写真がこれね。

RIMG0586.jpg

TV局に黄金像。

タカアンドトシは本当に出世したねえ。

今週のピロロン学園

「ピロロン学園」が面白いです。

深夜なので、きかくによってはどぎつすぎるなあってときもあるのだが、
それでも、いくつかの企画はものすごくツボで、
特に「突撃芸人の嫁のごはん」は、すごく楽しい。
吉田さんが本領発揮しまくっています。
知らない料理を「名もなき料理」といったり、
料理に理不尽なケチをつけたり、彼の得意とする
下衆野郎ぶりがほんと輝いている。

そして、今週の女性芸人さんが集まった企画も楽しかった。
しかし、女性芸人さんて、結構激戦区なんだなあと
集まった女性たちを見て思った。

その中でも、チキチキジョニーは光ってましたね。
とくにメガネの彼女、うちの母といってたんですが、
宮川花子さんとかくわばたりえさんみたいな女性漫才師になれそう。

メガネかけてて毒舌だけどすじが通ってる女性漫才師。
これは、たぶん、必要なんだわね。

ランキング参加中です。クリックしていただけたら小躍りします!
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

オンバト+感想(2012/7/15)

今回、私が好きだったのはウェストランド。
つっこみのおにいさんがおもろかったです。
テンポもいいしね。
こういうまだるっこしくない漫才って気持ちいい。

そして、マシンガンズ。
若い世代が増えてきたせいか、
妙にベテランに見えてしまったんですが、
この人たちのひがみっぽいツッコミの嵐は、
やっぱり好きです。


ニッチェもすごく頑張ってた。
江上さんの演技のすばらしさは相変わらず。
ただ、もうひとつネタの練り方が浅いとこがあるかなあ。
体当たりの中に熟練したものができたら、
もっといいかなあと、えらそうに思ってしまった。

とはいえだ。
ニッチェにスパイクにチキチキジョニー。
今期のオンバトは勢いのある女芸人さんたちが
輝いています。
ぜひ、チャンピオン大会に、
女性芸人コンビが1組でも食い込んでほしいわ~。

ニッチェも番組内で言ってたけど、
チャンピオン大会に華がほしいよ、ほんと。


ランキング参加中です。クリックしていただけたら小躍りします!
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

タンデム・シップがTVに出てました!

P5050026.jpg

はい。

応援しているタンデム・シップのTV出演。

私、いつも寝ている時間なので、
録画して、後で見ようと思っていました。

なんだけどね。

帰りが遅かったこともあって、妙に目がさえちゃったし、
やっぱ、見たかったみたい。
「新進気鋭」リアルタイムで見ちゃいました!

最初に登場したマヂカルラブリーにひとしきり笑った後、
ついにタンデム・シップ登場!

上のお写真と同じ感じのタンデム・シップでした。
ピンクの衣装の矢部さんとモノトーンの衣装のアキさん。

そして、ふたりの漫才のクオリティもいつもと変わらず。

「このコンビがテレビに出たり、みんなに知られてないのは、
おかしくね?」
と思っていたタンデム・シップ。
遅かれ早かれいつかTVに出る日は来ると思っていましたが、
意外と速かった。

タンデム・シップの矢部さん、アキさん、
おめでとうございます




今日はタンデム・シップがTVに出ますよ~

仕事もプライベートも落ち着いたから、
少し休んでおとなしくしようと思ってたんですが、
今週は、どうにもテンションあがらずにいられない。

なにせ、しきかけ一味さんがメディア登場週刊だからね。

月曜は「週刊プレイボーイ」にトミウラタカユ機さんが登場。

そして、今日の深夜、
ついにタンデム・シップがTvに出ます~
P5050027.jpg

日本テレビの「新進気鋭」という番組。

今朝、番組HPに行ったら、
タンデム・シップの写真が載ってて、
まあ、テンションあがりました。

新進気鋭HP


さあ、みなさんまだ間に合いますよ。
録画の準備とか(笑)。
要ちぇけら~です。

「プレイボーイ」にヒーロー特撮芸人トミウラタカユ機さんが出ています~

ごきげんよう。

さて。

「こんな雑誌恥ずかしくて買えない…」

なんていう潔癖症で純情だった時期はだいぶ前に過ぎましたワタクシです。

ということで、何の抵抗もなく今日、張り切って買ってきました。

週刊プレイボーイ
RIMG0513.jpg

ゆきりん、かわいいなあ…

じゃなくて。

これを買ったのは、べつにゆきりん目当てじゃねーし。

ちゃんと、特別な理由があります。


トミウラタカユ機さんが出ているからさ!


特撮フリークが語る「特撮愛」という企画で
ヒーロー特撮芸人・トミウラタカユ機さんの
インタビューが掲載されています。

RIMG0512.jpg

インタビューの内容ですが、さすがはヒーロー特撮芸人さん。
短い中にかなりの魂のこもったインタビューです。


トミウラさんは特撮好きにとっては、ほんと“神”芸人ですから、
こういう企画にご登場されて、うれしいかぎりです。

ああ、でもちくしょう。
こういうインタビュー、ぜひ私がやりたかったのに。
ちょっとくやしいぜ。

くやしさの鬱憤をはらすために、トミウラさんのネタ動画はってみます。

クラシック音楽と特撮を融合させた私の大好きなネタです。



ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

タンデム・シップがついにTV出演しますよ~

はいはいはいっ。

ついに来ました。

このブログでも何度も紹介して、
私が応援している芸人さん

笑業団体しきかけ一味所属のコンビ・タンデム・シップ。

P5050026.jpg

ついにTV出演しますよ~

日テレの土曜深夜に放送している「新進気鋭」という番組、
7月14日放送の回に、タンデム・シップさん、出演されるそうです。

詳細はタンデム・シップのおふたりやしきかけ一味さんのブログに乗っています。

タンデム・シップ矢部さんのブログより
【超重要】日本テレビ『新進気鋭』放送日決定~♪

タンデム・シップアキさんのブログより
【TV出演情報】『新進気鋭放送日』決定!!

しきかけ一味さん公式ブログより
【タンデム・シップ】日本テレビ『新進気鋭』放送日決定~♪

私がタンデム・シップさんのネタを見たのは、
ちょうど2年前の今くらいでした。

そのとき、彼らの漫才の楽しさとパワフルさを目の当たりにして、
「なんで、私、この人たち見たことなかったんだろ?
なんで、TVで見たことなかったんだろう?」
という
おおきな疑問が心を貫きました。

あれから2年。
ついにタンデム・シップさんをTVで見られるときが
やってきましたですよ。


ふふ、私はすでに番組録画予約しちゃいました。
楽しみ~。




ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

『月明かりライブ Vol.6』感想

7月3日(火)、阿佐ヶ谷アートスペースプロットで開催された
お笑いライブ「月明かりライブ Vol.6」を見てきました。

応援している方たちが何組も出演されていて、
楽しかったです。

では、印象に残った方たちの感想を。

*虹岡誠
序盤で登場されたこのピン芸人さんは、
いきなり、ホームランをかっとばしてくれました。
アンパンマンを題材にしたネタで、
やってることは、すごいばかばかしいんですが、
ばかばかしくも悲しいその姿がどうにもおかしくてたまらなくて、
「あほや・・」「ばかだ・・」みたいな気持ちで、なんか、すごい笑ってしまいました。
でも、芸人さんは「あほや」「ばかだ」といわれてなんぼの職業だと
私は思うので、
(ブラマヨの吉田さんやFUJIWARAのフジモンさん見て、
それこそ、何度「あほ!」「最低!」と、突っ込んで笑ったかわかんないですよ)
この虹岡さん、ほんと素晴らしかったと思うのです。
ほんと、笑いました!

*中村ティーンズ洋介

こちらも初めて見たピン芸人さんですが、
とにかくキャラクターのよさが光っていました。
ルックスもかもしだす雰囲気もしゃべり方も
なんもかんもが、ある種のツボにはまる。
なんかのきっかけがあったら、この方はブレイクするんじゃないかと思います。

*脳ベンバー
初めて見た漫才師さんたちなんですが、
きちんと積み重ねた技術のある漫才師さんて
感じがすごくあって好感が持てました。
大人の男の漫才師さんてやっぱりいいなあ。


*トミウラタカユ機

先日、単独ライブにも行かせていただいたカリスマ芸人。トミウラタカユ機さん。
歴代の仮面ライダーのすべての変身ポーズがすべてできるトミウラさんが
特撮とクラシックの融合ネタをやってくださいました。
ヴァイオリン弾きのワタクシは自分が演奏したことのある名曲に合わせた
トミウラさんのしなやかさにただただ脱帽でした。
シャキーン!


*ばいそん
沖縄出身の漫才師・ばいそんは、ここ数年私が応援しているコンビです。
す。
1年ぶりくらいで、漫才見せていただいたのですが、
いつもスーツにマイクとともに小細工のない漫才で勝負する
ふたりはとてもかっこいい。
多種多様な芸人さんが舞台に上がったライブだっただけに、
いわゆる漫才で勝負していた脳ベンバーさんとばいそんさんは、
渋みが光っていましたです。

*清水狸
「求人広告」を題材にしたフリップネタを披露してくれた
ピン芸人さん。
私、この方を見るのは二度目ですが、
フリップネタの言葉使いがすごいツボでした。
求人広告に関する突っ込みに
「んだんだ」「そーだそーだ」「そのとおり」と、
終始、納得して笑い続けておりました。

*まとばゆう
キーボードを演奏しながら毒舌交じりの
ネタを披露する女性ピン芸人さん。
私、自身がまがりなりにですが楽器弾きなので、
音楽系のネタをする芸人さんは、ちょっと厳しく見てしまうときがあります。
しかし・・・このまとばゆうさんは、好きだ!
演奏、もちろん上手なんだけど、演奏力が悪目立ちすることなく、
毒舌っぷりも気持ちいいし、キャラもいいです。
そして、演奏ぷりも素敵で、また、ぜひどこかで見たいです。

*ヤスシオンデマンド
年の差コンビのヤスシオンデマンドは、
何度か見たことがあるのですが、
見るたびに、このリーサルウェポンにはかなわないよって思います。
お年が上の中村 康さんは舞台に出てなんかするだけで、
ものすごく強烈な世界観が繰り広げられていく。
とりあえず、一度見たら、忘れられないインパクトがある。
それがヤスシオンデマンドです。

*タンデム・シップ
ずっと応援しているタンデム・シップは、
この舞台でも、全力投球のネタでした。
特にツッコミのアキさんのはじけっぷりが素晴らしかったです。
あ、でも今回の漫才、厳密にはアキさん、ツッコミじゃなかった気がする。
そう、ボケとツッコミが微妙に入れ替わった漫才。
ただ、奇をてらったとかではなく、新たな引き出しを増やして
それを披露してくれたという感じでした。
ネタを作る矢部さんののびやかさ、そしてアキさんのはじけっぷり。
このコンビの魅力は、変わらずです。
おとぎ話「白雪姫」をモチーフにした漫才だったのですが、
白雪姫の姿を見てあんなに笑ったことはなかったですよ。


さて、今回はこんな感じでした。

やっぱり、お笑いは楽しいですね。
また、ちょくちょくいかないと。



ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

THE MANZAI がんばれNONSTYLE!

ごぶさたしております。

ええ、気が付いたら、だいぶこっち書かないでいました。ごめんなさい。

6月、むちゃくちゃ忙しかったのです。
仕事がたてこんだのと所属してるオーケストラの演奏会とヴァイオリンの発表会と
まあ、いろいろ重なって。

おかげで、かかさず見ていた「すべらない話」は、やっていることすら
気が付かずスルーしてしまいました。
あ~あ。

数日前、そんな忙しい状態がやっとちょいと落ち着きました。

ほんでもってね。
昨日「THE MANZAI」に中川家、笑い飯、NONSTYLEがエントリーするというニュースが流れました。

ちょっと、ワクワクしてきました。

ノンスタ出るんだ!
と。

実は去年の決勝終わったとき、ちょろっと思ったんですよ。
NONSTYLEがもし、エントリーしていたら、
どうなっていたかなあと。

私、NONSTYLEのファンとかじゃないんですが、
これまで、彼らの漫才、生で5回くらい目にしてるんですよね。
(すべて、他の芸人さん目当てで見に行って、そしたらNONNSTYLEも出ていたっていう・・・)

たまたまではあったけど、これだけ生で目にしてるから断言できます。

NONSTYLEの漫才はめちゃくちゃ面白い。
だから、彼らが出るなら、間違いなく優勝候補の一角になります。


生で目にしたとき、彼らはいつも面白かった。
しかも、まったく手抜きしない練習を積み重ねた漫才でした。

プロだから、そんなの当たり前という人もいるかもしれませんが、
そんなことないですよ。
明らかに手抜きしてるな、流してるな、練習してねーなって
芸人さんも、私は何度も見てきました。
まあ、プロだからこそ、消化仕事もあるだろうなとは察しますが、
とりあえず、手抜きしてるの見たら、
その芸人さんのことは、「手抜きすることもある芸人」なんだと思います。
(ほんで、そういうのを見るとお客を舐めるな!って、思っちゃうんですよ。
お客の目は節穴じゃない。「手抜きすることもある芸人」って思われたいのか?と。)

逆にNONSTYLEは、手抜きしたこと、すくなくとも私が見たときは、
一度もありませんでした。
いつも、軽快でスピード感のある漫才で、気が付いたらげらげら笑って
すごく発散して気持ちがよくて、
ほんで、最後に「いや、さすがだなあ、本当によく練習してるんだなあ」って脱帽する。
NONSTYLEはいつでもそんな感じです。

世間で「キモい」「ブサイク」「ナルシスト」が定着しつつある
NONSTYLEツッコミの井上さんですが、
ノンスタの生の漫才を一度でも見たら、
本気で井上さんをバカにはできなくなります。

しつこいけど、漫才が本当に面白いんです。
そして、全力投球だからとても見てて気持ちがいい。

トークが下手といわれている彼らですが、
私は何回目かで生で見た時
「こんなに漫才が面白いんだから、トークなんか別にうまくならなくっていいよ!」とまで
思いました。

私、本当ファンとかじゃないんですが、
彼らは立派な漫才師だと敬意を払わずにいられない。
そして、NONSTYLEのは10年後も見たい漫才師だと思っています。

なので、応援してるというよりも、
彼らがどんな漫才を見せてくれるのか、
どう戦うのかなって、そこがすごい楽しみです。


あ、そして、去年の優勝コンビは今年はエントリーしてないみたいですね。



プロフィール

ai@フリーライター

Author:ai@フリーライター
お笑い好きのフリーライターです。たまにお笑い関係のお仕事もします。ここでは、お笑いについて趣味まる出しで好き勝手に綴ります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中です

アクセスありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。