FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE MANZAI2011感想(終)

「THE MANZAI2011」の感想記事、これで最後になります。

まずは、最終決戦の感想から。



最終決戦の4組。
Hi-Hi、ナイツ、パンクブーブー、千鳥。
順当な結果だと思いました。

そして、最終決戦、どの組も素晴らしかったです。

*Hi-Hi、1回目のときと変わらない勢いのよさで楽しかった!
「放り込んでこい!」はもはや神がかっていたといっていい!
かっこよかったよ!

*個人的には最終決戦の圧巻はナイツでした。
きわどくもありましたが、よくぞやらかしやがったなと拍手したよ。
基礎がきちんと培われていて、技は熟練へと向かっている。
しかも、一見はずれなしの漫才師とみせかけて、
その実、かなりきわどかったり、毒があったり。
どんどんすごい漫才師になっていくなあ、ナイツは。

*パンクブーブーは、1回目とネタのタイプを変えてきましたね。
でも、やっぱりこのコンビには、この丁々発止がよく似合う。
アホらしくもスピード感のある二人のケンカが素敵でした。

*逆に1回目と同じパターンのネタで攻めてきた千鳥。
同じパターンで行くなら、もうひとつ別のひねりとか広がりが
欲しかったかも。

そして、優勝はパンクブーブー。
おめでとうございます!

とも思うのだが。

個人的には、本当に僅差なんだけど、ナイツかなって気がしました。

パンクブーブーもすごくよかったから、
優勝に異議ありとまではいかないんだけど。
でも、より笑って、よりすごみを感じたのはナイツでした。


てか、決勝4組はみんなほんとによかった。
最後に4組が出てきたとき、
なんか少しもらい泣きしてしまった。
よくここまで、戦って楽しませてくれたなあって。

さて、ここからは、最後の感想です。

どんな大会になるかまったくわからなかったのですが、
ふたを開けてみたら、めちゃくちゃ楽しくて面白い番組でした。

次から次に芸人さんたちが面白い漫才を繰り広げて、
笑いっぱなしでした。

M-1が終わって、お笑いブーム終焉?みたいな言葉も耳にしましたが、
そんなことなかったんだ。

だって、こんなに素晴らしい漫才師がいっぱいいるじゃないか。
お笑いのスピリットはまだまだ生きてる。
まだまだ、終焉なんかじゃない。


この大会で、それを確信しました。

悲しいことが多すぎた今年。

でも、年末にこんなに楽しくて面白い番組があって、
よかった。

「THE MANZAI」に出たすべての芸人さんたち、お疲れさまでした。

芸人さんたちのおかげで、お笑いの未来が明るくなると実感できました。

ありがとう。



ランキング参加中です。
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ai@フリーライター

Author:ai@フリーライター
お笑い好きのフリーライターです。たまにお笑い関係のお仕事もします。ここでは、お笑いについて趣味まる出しで好き勝手に綴ります。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中です

アクセスありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。